\ フォローしてね /

卵のコクをプラス!「目玉焼きカレー」の作り方

カレーライスは子供から大人までが大好きなメニューのひとつですよね。カレーの味もバリエーションがいくつもありますが、トッピングが色々あると更にカレーを楽しむことができます。

そこでここでは、カレーのトッピングとして目玉焼きを使ったレシピをご紹介します。

材料(1人分)

  • 卵:1個
  • にんにく:1片
  • オリーブオイル:小さじ半分
  • ごはん:1人前
  • カレー:1人前
  • ラー油:適宜

作り方(調理時間:5分)

STEP1:にんにくを炒める

冷たいフライパンに、スライスしたにんにくとオリーブオイルを入れて、弱めの中火で炒めます。にんにくがほんのりと色づくまで30秒~1分ほど炒めます。

炒め終わったにんにくは取り出しておきます。

STEP2:目玉焼きを作る

にんにくの香りを移したオリーブオイルに卵を割り入れます。

中火にかけて、水を30~50mlほど入れてふたをします。中火で、1分~2分ほど好みの固さになるまで火を通します。

STEP3:盛り付ける

お皿にご飯を盛りつけて、目玉焼きを乗せます。

温めたカレーをカレーをかけます。

STEP1で取り出しておいたにんにくを砕きながら散らします。

STEP4:できあがり

できあがりです。お好みでラー油を少したらしても美味しいです。

作り方のコツ・注意点

にんにくは焦がすと苦くなってしまうので、ほんのりと色づいた程度でフライパンから取り出してください。余熱でも火が通ります。

おわりに

関西の方では、喫茶店でカレーを頼むと生卵を付け合わせに出してくるお店が多いと思います。卵の甘みがカレーの辛さを和らげてコクを足してくれるので、また違ったカレーを楽しむことができると思います。

作り方はとても簡単なので、ぜひ試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。