1. 料理
    2. 夏の暑さ対策メニュー!みょうがと鶏ささみのわかめご飯の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏の暑さ対策メニュー!みょうがと鶏ささみのわかめご飯の作り方

    暑さで食欲が減退しやすい夏に向けて、さっぱりとしていて食べやすい暑さ対策メニューを考えました。

    夏が旬のみょうがを使用しているので、香りもよく、あっさりとしたヘルシーレシピです。

    材料(3人分)

    • ご飯(炊きたて):お茶碗3杯分
    • みょうが:2個
    • 鶏ささみ(缶詰):1缶
    • わかめ(わかめご飯の素):大さじ1杯
    • きゅうり:1本
    • すりごま:大さじ1杯
    • 酢:大さじ1杯
    • 砂糖:大さじ2杯
    • 塩:小さじ2分の1
    • しょうゆ:小さじ1杯
    鶏ささみは時間短縮のために缶詰を使用していますが、普通の鶏ささみの切り身から筋をとり、下茹でしてからほぐして使用する方法でもおいしく仕上がります。
    わかめご飯の素は、炊きたてのご飯に混ぜるだけでわかめご飯になるものです。

    みょうがと鶏ささみのわかめご飯の作り方(調理時間:20分)

    STEP1:野菜をカットする

    みょうがは、包丁でみじん切りにします。

    きゅうりは、包丁でできるだけ薄い輪切りにし、切り終わったら塩をひとつまみかけてよくきゅうりにもみこんでおきます。

    きゅうりがしんなりしてくるまで塩をもみこみ、水気をキッチンペーパーや、ふきんを使ってよく絞っておきます。

    STEP2:みょうがを甘酢につける

    先ほど包丁でカットしたみょうがは、酢に砂糖を混ぜ合わせた甘酢の中に10分ほどつけておきます。

    こうすることで、みょうがはきれいなピンク色になり、さらに味がしみておいしくなります。

    STEP3:ボウルで混ぜ合わせる

    大きめのボウルにご飯、甘酢につけておいたみょうが、水気をよく絞ったきゅうり、わかめ、鶏ささみ、すりごまを入れ、よく混ぜ合わせます。

    STEP4 : 調味料を入れる

    塩、しょうゆを加え、さらに混ぜます。材料や調味料がまんべんなく混ざるように注意しながら混ぜ合わせましょう。

    STEP5 : 完成!

    器に盛り付ければ完成です。

    作る際の注意点

    特に難しいテクニックはいらない簡単レシピですが、きゅうりを塩でもみこんだあと、ギュッと水気をしっかり絞ることは重要です。

    水気が絞れていないとべちゃべちゃしたご飯になってしまうのでそれだけ注意してください。

    おわりに

    一品で旬の味覚を味わいつつ、栄養バランスが良い食事をとることができるお手軽メニューです。

    暑くて火を利用した調理が面倒なときなどに、ぜひ作ってみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人