1. コミュニケーション
    2. 人見知りで口下手な人が職場でうまくやっていく方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    人見知りで口下手な人が職場でうまくやっていく方法

    人見しりで口下手なため、職場で気まずい思いをしている人はいらっしゃいませんか。

    また、これから就職したりアルバイトを始めたりするにあたって、職場での人間関係に不安を覚えている人見知りさん・口下手さんは多いことでしょう。

    そんな方々のために、人見知りで口下手な人が職場でうまくやっていく方法について解説します。

    あいさつが基本

    人とうまくやっていくには、上手に話す必要はありません。ただ、口数の多い少ないに関わらず、「あいさつ」は人間関係の基本です。

    • 「おはようございます」
    • 「お疲れ様です」
    • 「お先に失礼します」
    • 「ありがとうございます」
    • 「申し訳ありません」

    人見知り・口下手な人は、無理に話す必要はありませんが、上の5つのあいさつくらいは、自分から積極的に行うようにしたいものです。

    あいさつがきちんと出来る人で「嫌われ者」はいません。上に挙げたあいさつを励行している・できる人は自信を持っていいでしょう。

    ちなみに「御苦労さま」は、目上の人が目下の人に対してかける言葉です。職場ではなるべく用いないほうがいいでしょう。

    仕事に精を出す

    職場は「仲良しクラブ」ではありません。一見、お調子者で周りとうまく合わせているような人でも、仕事がいいかげんな人は陰で軽蔑されています。

    一方、寡黙で内気な人でも、仕事できちんと成果を出していれば、周囲の信頼は厚く、決して疎外されることはありません。

    対人関係やコミュニケーションについてクヨクヨ悩んでいると、妙にオドオドした態度をとったり、人を寄せ付けまいとするオーラを出したりして、かえって人間関係がぎくしゃくしがちです。

    そこで、人見知りで口下手な人は、職場は仕事をするところと割り切って、黙々と自分の業務に打ち込むというのも一つの手段です。

    ただし、仕事に熱中するあまり、前述のあいさつを怠るなんてことにはならないように気をつけてくださいね。

    周囲に関心をもつ

    口数が少ないということと、周囲に対して無関心というのは、全く性質が異なります。

    たとえ自分が参加していない場合でも、周囲の人の会話にはちょっと耳を傾けるようにしてください。人が話すのを聞いて、その人となりや興味のあることを把握しておくことは大事なことです。

    周囲に関心を持ち、職場の人の長所を見つけるように心掛けてください。その長所を見習いたいと思ったら、そのことについて質問してみるというのはどうでしょう。

    • 「○○さんは、パワーポイントの達人ですよね。自分はパソコンに疎いんですが、何かお勧めの本があれば教えていただけませんか?」
    • 「いつもすごくおしゃれですよね。普段どこで買い物されてるんですか?」

    質問内容は、仕事上のことでもそれ以外のことでもかまいません。

    質問されて嫌な気分になる人はいませんが、特に上にあげたような質問は、褒め言葉とセットになっているので、とても感じのよいものです。どんどん活用しましょう。

    おわりに

    人見知りで口下手な人が職場でうまくやっていく方法についてご理解いただけたでしょうか。

    当記事が、あなたの人間関係のヒントになれば幸いです。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人