\ フォローしてね /

具だくさん!サーモンと枝豆のケークサレの作り方

旬の枝豆を使ったおやつにも、食事がわりにもなるケークサレのレシピです。

枝豆の他にも、サーモンや、玉ねぎ、ピーマンといった具材がたっぷりと入っているので食べ応えも十分のメニューです。

材料(20センチ×20センチの四角型の場合)

  • サーモンまたは甘塩鮭:2切れ
  • 枝豆:150グラム
  • 玉ねぎ:1個
  • ぶなしめじ:30グラム
  • ピーマン:1個
  • 粉チーズ:30グラム
  • 薄力粉:200グラム
  • ベーキングパウダー:小さじ1杯
  • 卵:3個
  • 砂糖:大さじ2杯
  • 塩:小さじ1杯
  • こしょう:少々
  • 牛乳:100ml
  • オリーブオイル:100ml
  • バター:5グラム
枝豆は、時間短縮のため冷凍のものを使用していますが、生の枝豆を塩ゆでし、皮をむいてから、中の豆を使用する方法でもおいしく仕上がります。

サーモンと枝豆のケークサレの作り方(調理時間:60分)

STEP1:薄力粉とベーキングパウダーを混ぜる

薄力粉とベーキングパウダーは、事前によく混ぜ、粉ふるいでふるっておきます。

STEP2:サーモンを焼いてほぐす

サーモンは、魚焼きグリルで弱火で10分弱焼き、焼き色がついたら取り出して、骨と皮を取り除いて、包丁でフレーク状にカットします。

STEP3:枝豆を解凍し、すり潰す

冷凍枝豆は使用する30分ほど前に冷凍庫から取り出し、流水か、ボウルにためた水につけおき、解凍しておきます。

解凍したら、皮から豆を取り出し、別の容器に移しておきます。

豆を100ccの水と一緒に鍋に入れ、弱火で2〜3分加熱します。

水が沸騰したら、ブレンダーで豆をすり潰し、ペースト状にします。豆の粒が残らない程度のペースト状になるまですり潰します。

STEP4:野菜をカットする

しめじはよく洗ってから、根もとを切り落とし、5ミリから1センチ弱の大きさに細かくカットしていきます。

ピーマンはよく洗ってから種とへたを取り除き、みじん切りにしておきます。

玉ねぎもよく洗い、皮をむいてから、細かいみじん切りにしておきます。

STEP5:フライパンで炒める

フライパンに、バターを入れ、サーモン、玉ねぎ、ピーマン、しめじを入れて、中火で5分程度炒めていきます。野菜がしんなりとしてきたら、火を止めます。

STEP6:材料を混ぜ合わせる

ボウルに炒めたサーモンや野菜と、枝豆をすり潰したもの、粉チーズ、卵を入れ、泡だて器でよく混ぜ合わせていきます。

さらに、オリーブオイルと牛乳、砂糖、塩、こしょうといった調味料も入れ、よく混ぜ合わせます。

最後に、薄力粉とベーキングパウダーを合わせたものを入れ、よく混ぜ合わせます。

STEP7:オーブンで焼く

材料がよく混ざったら、クッキングペーパーをあらかじめ敷いておいた型に流し入れます。

トントンと底をならして空気を抜いてから、180度に熱した1000Wのオーブンで35分焼いていきます。

STEP8:完成!

中に串を刺し、串に生地がくっつか確かめます。くっつかなければ中まで火が通っているので、オーブンから取り出し、クッキングペーパーをはがして粗熱をとります。

粗熱がとれた後、食べやすい大きさにカットすれば完成です。

作る際の注意点

ケークサレを型に入れてオーブンで焼く際、表面の焼き色にムラができてしまったときには、焼き色がついている面にアルミホイルをかけ、焼き色がついていない面だけに火が通るように調整するときれいに焼き色がつきます。

おわりに

サーモンの塩気と、枝豆の味わいがポイントの、ケークサレです。1品でタンパク質から野菜までしっかりとれるので、朝食にもぴったりのレシピです。

食べやすい大きさにカットしたものを冷凍しておけば、1週間程度は保存可能です。食べる際は、レンジで30秒から1分ほど加熱した後、トースターで温めると出来立てのおいしさが復活します。ぜひ作ってみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。