\ フォローしてね /

簡単なのにおしゃれ!「ポテサラ入りのスタッフドバゲット」の作り方

スタッフドバゲットは、バゲットをおしゃれに食べることができるメニューです。バゲットをくりぬいて中身を詰めるだけなのですが、より簡単に作るため、ポテトサラダを作る過程を簡単にしました。

簡単なのにおしゃれに見える「ポテサラ入りのスタッフドバゲット」の作り方を紹介します。

材料(ミニバゲット1本分)

  • ミニバゲット(20センチ程度)・・・1本
  • きゅうり・・・1本
  • じゃがいも・・・中1個
  • ロースハム・・・1パック
  • 牛乳・・・大さじ3
  • マヨネーズ・・・大さじ3
  • 味塩こしょう・・・少々
ミニバゲットに材料を詰めて、少し余る程度でした。パンの長さによってポテトサラダの材料は調整してみてください!

作り方(調理時間:15分)

STEP1:じゃがいもを加熱する

じゃがいもは軽く洗い、皮付きのままスチーマーに入れて1000Wで7分。竹ぐしを刺してすっと通るまで加熱します。

じゃがいもは皮つきのまま加熱すると簡単!火が通ったら、やけどに気をつけながら皮を剥いておきましょう。

流水をかけつつ、皮を剥いておきます。

STEP2:バゲットをくりぬく

バゲットは中をくりぬきます。ナイフを差し込み、少しずつくりぬくとうまくいきます。

STEP3:ポテトサラダを作る

きゅうり、ハムは細かく刻んでおき、ボウルに入れておきます。

じゃがいもをその中に入れて、マッシャーで潰します。

STEP4:ポテトサラダを仕上げる

マヨネーズ、牛乳、味塩こしょうを入れて混ぜてポテトサラダを作ります。

STEP5:バゲットに詰める

くりぬいたバゲットにポテトサラダを詰めます。

バターナイフで詰めると簡単に詰めることができました。

STEP6:完成!

バゲットはカットしてできあがり!「ポテサラ入りのスタッフドバゲット」ができました!

作り方のコツ・注意点

スライスしたバゲットは指先も汚れず、食べやすいです。難しそうに見えますが、中身を作って詰めるだけでできます。

中に詰めるもの次第でワインにも合いそうなスタッフドバゲット、これから注目の料理ですね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。