\ フォローしてね /

子供にも美味しい野菜炒め料理の作り方~小松菜

このライフレシピのもくじたたむ

野菜が苦手な子供には、オリーブオイルで炒めた料理がオススメです。緑黄色野菜を子供に好きになって欲しいときにオススメです。

特に「小松菜(緑)」と「ダイコン(白)」と「エリンギ(きのこ類)」の組み合わせは、味噌炒めにピッタリです。

そこに「加熱しても栄養素が壊れにくい」という「ブロッコリーの芽」を加えることで、少量でも野菜の栄養素をバランスよく食べられるメニューになります。

味噌は「あまさ」「しょっぱさ」「からさ」の味覚をバランスよく満足させてくれる効果があります。薄味でも効果が高いです。

材料

  • 小松菜
  • ブロッコリーの芽
  • ダイコン
  • エリンギ
  • 味噌
  • オリーブオイル
  • 鮭(缶詰を利用します)

作り方

味の基本となる「塩分」は、鮭の水煮などの缶詰の塩分を利用します。

STEP1:野菜の準備

野菜を水洗いします。エリンギは水で洗わずに、汚れを指で払い落とします。

STEP2:したごしらえ

小松菜は、「茎」と「葉っぱ」に切り分けます。 ブロッコリーの芽は、根の部分を切り落とし、茎や葉にまぎれている茶色い種子殻を取り除きます。

ダイコンは皮を剥きます。剥いた皮は細切りにします。ダイコンの身は厚さ1~2cmに丸く切ります。

エリンギは「茎」と「傘の部分」に切り分けます。茎は厚さ1cm程度に丸く切ります。傘はスライスするように適度に切ります。

STEP3:加熱

ダイコンと鮭(缶詰からあける)を小皿に載せてラップして電子レンジで5分ほど加熱しておきます。鮭缶の水分が程良くダイコンにも染みこみます。

STEP4:オリーブオイルで炒める

フライパンにオリーブオイルを大さじ1杯ほど入れて、エリンギを炒めます。中火で炒めて表面が明るいキツネ色になったら弱火にします。

弱火のまま小松菜の茎とダイコンを入れます。そのまま弱火で2分程度炒めます。

STEP5: 味噌を加えて炒める

小さじ1杯の味噌を、少量の水か湯で溶かし、フライパンに加えます。小松菜と鮭を入れて強火で煮立てるようにして30秒ほど炒めます。

STEP6: 盛り付けて完成!

平たいお皿に、ごはんを盛り付けます。その上に、エリンギとダイコンと鮭を載せます。その上にブロッコリーの芽と小松菜を載せます。

おわりに

オリーブオイルで炒めることで小松菜は緑色が濃くなり、味もまろやかになります。ダイコンには鮭缶の塩分が中に滲みていて、外側は味噌で炒めてあることで香ばしくなっています。

余計な塩や砂糖を加えないのがポイントです。煮物にするよりも、オリーブオイルで炒めることもポイントです。

野菜嫌いな子供でも、炒めてある野菜だと「オイルの旨味」で食べやすくなることが多いので、試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。