\ フォローしてね /

ポリ袋でカンタン!「さつまいもの茶巾しぼり」の作り方

ポリ袋で作る、お手軽な「さつまいもの茶巾絞り」のレシピをご紹介します。

上品で優しい甘さの甘納豆と素朴なさつまいもはとても相性がよく、その気取らない美味しさは、シルバー世代からキッズまで、誰にでも好まれる定番のおやつです。

ホッとしたい午後の休憩などにいかがでしょうか。

材料(2個分)

  • サツマイモ… 1/2本(180gくらい)
  • 砂糖(三温糖)… 大さじ1くらい
  • 甘納豆… お好みの量

サツマイモの茶巾しぼりの作り方(調理時間:20分)

STEP1:サツマイモを切る

サツマイモは皮をむいて2~3cmのさいの目切りにし、水にさらします。

後でつぶすので、大きさや形はふぞろいでも大丈夫です。

STEP2:サツマイモをゆでる

水にさらしたサツマイモを鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて火をつけます。

沸騰したら弱火にし、3~4分ゆでます。竹串などをさして、中まで火が通ったら取り出し、水気を切ります。

STEP3:サツマイモをつぶす

ポリ袋にゆでたサツマイモと砂糖を入れ、手でつぶしながらよく混ぜます。熱いので、タオルなどに包んで作業をすると良いでしょう。

サツマイモの甘さによって、砂糖の量は調節してくださいね。

STEP4:サツマイモを成形する

つぶしたサツマイモを2等分し、広げたラップの上に乗せます。てっぺんに甘納豆を乗せて、てるてる坊主を作る要領で、ラップを絞り上げて包みます。

STEP5:完成!

お皿に盛り付けて出来上がりです。

作ってすぐ食べても美味しいですが、冷蔵庫で冷やしてから味わうのも雰囲気がかわるので、おすすめですよ!

おわりに

むいたサツマイモの皮は捨ててしまわずに、カリントウやキンピラ、かき揚げなどに活用しても良いでしょう。

甘納豆の代わりに炒りゴマやレーズン、栗の甘露煮を使っても美味しいです。また、つぶしたお芋の半量に少量の抹茶を混ぜて緑色にしたり、紫芋にして作ると、二色のきれいな茶巾しぼりになります。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。