\ フォローしてね /

これぞテッパンの組み合わせ!「ポーク卵丼」の作り方

沖縄の定番料理「ポーク卵」をごはんにのせた、美味しくてボリューム満点なメニューです。

卵とスパムといえば、子どもや男性が大好きな食材。そんな人気食材同士を組み合わせた丼は、きっとみんなを笑顔にしてくれるはず。ちゃちゃっと作れるので、夏休みや休日のランチにもおすすめですよ。

材料(1人分)

  • スパム(ランチョンミート)… 2cmくらい
  • 卵… 1個
  • 塩、こしょう… 適量
  • ケチャップ… 適量
  • ごはん… 1人分

ポーク卵丼の作り方(調理時間:15分)

STEP1:スパムを切る

スパムを缶から出し、1cmくらいの厚さに2枚切り、さらに半分にします。

STEP2:卵を溶く

卵を割り、軽く塩、こしょうをして、よく混ぜます。

STEP3:スパムを焼く

熱したフライパンにスパムを入れ、中火で1分ほど焼きます。片面にこんがりと焼き色がついたら裏返し、放射状に並べます。

スパムから油がでるので、特にサラダ油は使いませんが、こげつきやすいフライパンをお使いの場合は、適宜ご使用ください。

STEP4:卵を焼く

フライパンのあいたところから溶き卵を流し入れ、全体に火が通ったら、裏返して反対側も焼きます。

小さ目のフライパンを使うのがおすすめですが、大きなフライパンを使うときには、箸やフライ返しで卵を寄せて丼の大きさにあった円形にまとめましょう。

STEP5:ごはんをよそう

丼に温かいごはんを盛りつけます。

STEP6:完成!

丼のごはんの上に、焼けたポーク卵をのせ、ケチャップをかけたら出来上がりです。

作り方のコツ

スパムの代わりに、ボロニアソーセージやウィンナーソーセージ、厚切りハムなどでも美味しく作れます。お好みでレタスや水菜などを添えてもOKです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。