\ フォローしてね /

かぎ針編みで!コップ袋を手作りする方法

このライフレシピのもくじたたむ

かぎ針編みでコップ袋を手作りする方法をご紹介します。かわいいだけでなくとても頑丈なので、中に入れるものも安心です。

こま編みとくさり編みだけで編めるので、初心者でも簡単に作ることができます。

編み物初心者の方はこちらのサイトを見ながらやってみましょう!

用意するもの

  • 綿100%の毛糸(細):100g
  • かぎ針:7号
毛糸を選ぶ際は、中のコップに毛がつきにくい素材の毛糸を選びましょう。
かぎ針の号数は毛糸に表記されている号数を参考にしてください。

コップ袋の作り方

STEP1:中心から丸く編む

糸端を輪にしてこま編みを8目編み入れます。

1段ごとに立ち上がりをつけ、目数を増やしながらこま編みをぐるぐると7段編んでいきます。

編み図に従って7段目まで編みましょう。

STEP2:側面を編む

8段目以降は増減なく、1段56目のこま編みで25段目まで編んでいきます。

お好みで配色を変えると違った雰囲気になります。

STEP3:ループを編む

最終26段目は巾着のひもを通すループを作りながら編みます。

8目こま編みを編み、くさり編みを5目編みます。

こま編みを9目編み、くさり編みを5目編む、を5回繰り返し、6つのループを作ります。

STEP4:ひもを作ってループに通す

くさり編み100目の編みひもを作ります。

STEP5:完成!

6つのループにひもを通して完成です!

ループには内側と外側から、交互にひもを通します。

おわりに

毎日コップを出し入れするのが楽しくなるような、コップ袋の完成です。

ぜひ作ってみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。