\ フォローしてね /

優しい味でほっこりしよう!「チンゲン菜のクリーム煮」の作り方

チンゲン菜といえば中華料理での炒め物のイメージがありますが、スープにしても美味しいです。

今回は、チンゲン菜のクリーム煮の作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • チンゲン菜・・・2株
  • ぶなしめじ・・・1/2株
  • 牛乳・・・100cc
  • 水・・・200cc
  • 鶏がらスープの素・・・大2
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • 片栗粉・・・大1

作り方(調理時間:15分)

STEP1:食材の下準備をする

チンゲン菜は葉と茎部分に分けてカットし、茎部分は1本ずつ分けておきます。

ぶなしめじは小房に分けます。

STEP2:鍋で煮る

鍋に水を入れて沸かし、沸騰したら鶏がらスープの素・チンゲン菜の茎部分・ぶなしめじを入れて3分煮込みます。火加減は最後まで中火です。

STEP3:牛乳を加える

次にチンゲン菜の葉部分を入れ、牛乳も加えます。そのままさらに3分煮込みます。

STEP4:味付けする

味見をしながら塩・こしょうで味付けします。

同量の水で溶いた片栗粉を加えて、表面がフツフツするまで1分温めます。

STEP5:完成!

スープにとろみがついたら完成です。

作り方のコツ・注意点

クリーム煮といえばコンソメを使うことが多いのですが、今回は鶏がらスープの素を使いました。チンゲン菜との相性がよいので、ミルク煮にしても合いますよ。

さいごに

いかがでしたか。チンゲン菜と牛乳はあまり一緒にすることはないと思いますが、シャキシャキの食感がまろやかなミルクのスープとマッチしておすすめです。

これからの肌寒い季節、優しい味のスープで温まってくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。