\ フォローしてね /

火も包丁も使わない!手抜きなのにおいしい「ガパオライス」の作り方

nanapi

火も包丁も使わず、スイッチポン!で作れるガパオライスのレシピをご紹介します。

炊飯器と電子レンジを使うことでお手軽に作れますが、味は本格的ですよ。明日のランチに作ってみてはいかがでしょうか?

材料(2人分)

材料

  • 鶏ひき肉:200g
  • 卵:2個
  • 米:1.5合

調味料

  • ナンプラー:大さじ2
  • 砂糖:小さじ2
  • ガーリックパウダー:小さじ1
  • 胡椒:1つまみ
  • ごま油:大さじ1
  • 輪切り唐辛子:お好みで
  • レモン汁:1〜2滴
  • 飾り用ドライパセリ:適宜
ナンプラーの代用品はある?1
いしるやしょっつるなどの、魚介類を原料にした醤油であれば代用品になります。このレシピでのナンプラーは、本格的な味の決め手になるので、欠かさないようにしましょう。
ひとつまみはどれくらいの量?2
一般的に「ひとつまみ」は親指と人差し指、中指の3本でつまんだくらいの量です。約1g程度を目安にしましょう。

道具

  • アルミホイル
  • サランラップ

作り方(作業時間:15分 ※炊飯時間を除く)

STEP1:お米を研ぐ

  • 1:お米を研ぐ
  • 2:炊飯器に米と水を入れる

お釜に米を研いで2合分の水を入れ、炊飯器にセットしておきます。ここに食材を入れるので、まだスイッチを押さないようにしましょう。

STEP2:肉を包んで炊飯

鶏ひき肉をアルミホイルでしっかりと包みます。

炊飯器でジューシーなそぼろに
鶏ひき肉は、炊飯器で火を通すことによって、旨味が逃げずジューシーになりますよ。
耐熱ポリ袋で代用してもいい?3
炊飯用や湯煎用など、加熱に対応しているポリ袋であれば使用しても大丈夫です。表記のないものは、耐熱が100℃であっても、食材や油が高温になり耐熱温度を超えてしまう可能性があるので使用しないようにしましょう。

お米の上にのせて蓋をし、炊飯器の早炊きスイッチを押します。

アルミはお釜に直接触れさせないで!4
お米の上にのせるときは、お釜に触れないようにします。熱源に直接触れると、アルミが溶ける可能性があります。

STEP3:タレを作る

  • 1:調味料を混ぜ合わせる
  • 2:電子レンジで加熱する
  • 3:熱いうちに混ぜる

調味料を耐熱容器にすべて合わせ、ひと混ぜしたら600Wのレンジで30秒加熱します。熱いうちに、再びよく混ぜ合わせておきます。

STEP4:卵の準備

  • 1:卵に穴を数か所あける
  • 2:ふんわりラップをする
  • 3:電子レンジで加熱する

爪楊枝で穴を開けた卵を耐熱皿に1つずつ割り入れ、ふんわりとラップをして600Wで1分レンジ加熱します。

卵の黄身に穴をあけて爆発を防ぐ
卵の黄身に爪楊枝やフォークなどを使って穴を開けましょう。3~4つほど穴を開けておくことで、爆発を防げます。
どうしてふんわりラップするの?5
ぴったりラップをすると、蒸気でラップが破裂します。食材や器が高温になり大変危険なので、ラップはふんわりかけましょう。

STEP5:肉にタレを絡める

炊き上がったらまず肉をボウルに取り出し、そぼろ状にほぐしながらSTEP3で作っておいたタレを入れてよく混ぜ合わせます。

混ぜ合わせている間に、卵は余熱で半熟状の目玉焼きになっています。これでトッピングは完成です。

STEP6:完成!

お皿にご飯を盛り、お肉と目玉焼きを乗せて、ドライパセリを振ればできあがり!

調味料を駆使して本格味に!

タレにナンプラーやスパイスを使えば、しっかりと本格的な味になり美味しく仕上がりますよ。冷凍のカット野菜などを使い、さらに彩りを加えても良いですね。

ぜひ試してみてください。

(image by 筆者)

追記した箇所一覧

  • 12018年06月21日「ナンプラーの代用品」について追記しました。
  • 22018年06月21日「ひとつまみの分量」について追記しました。
  • 32018年06月21日「アルミホイルの代用品」について追記しました。
  • 42018年06月21日「炊飯での注意点」について追記しました。
  • 52018年06月21日「ふんわりラップをする理由」について追記しました。
このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。