\ フォローしてね /

家庭でご当地の味を!「体がぽかぽか温まる三平汁」の作り方

三平汁は魚の塩引きを根菜と煮込んだ北海道の郷土料理です。今回は、家庭でも簡単に作れるレシピをご紹介します。

シンプルなのに驚くほど美味しい、ほっとする1杯です。

材料(4〜6人分)

  • 塩鮭の切り身:2枚
  • 大根:100g
  • 人参:70g
  • じゃがいも:70g
  • 長ネギ:50g
  • 水:600cc
  • 塩:小さじ1
  • 本だし:小さじ2
  • 酒:小さじ2

作り方(調理時間:15分)

STEP1:鮭を焼く

魚焼きグリルを強火にし、鮭を片面2分ずつ焼き、軽く焦げ目をつけます。

STEP2:野菜を切る

大根、人参、じゃがいもは2〜3mm厚さのいちょう切りに、長ネギは小口切りにします。

STEP3:煮る

鍋に水と大根、人参、長ネギ、じゃがいもを入れて中火にかけます。

ふつふつと煮たってきたら鮭の骨を抜き、ひと口大に切ったものを鍋に加えます。このとき一緒に酒も加え、さらに5分ほど煮ます。

STEP4:煮込む

本だしと塩を加え、弱火にしてさらに3分ほど煮込んで火を止めます。

STEP5:完成!

お椀に盛り付け、完成です!

作り方のコツ

鮭を焼くことで旨味が引きだされ、余分な脂も落ちるのでおすすめです。根菜は必ず水から茹でましょう。

体が芯から温まり、素材の味が引き立った美味しい1杯です。ぜひ試してみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。