\ フォローしてね /

トゥルトゥル食感!抹茶×豆乳のしましまゼリーの作り方

手作りのゼリーというと単色で見た目も地味になりがちですよね。来客の際に出すにはもう少し華やかさがほしいところ。そこでこの記事では、見た目もかわいい「抹茶×豆乳のしましまゼリー」の作り方をご紹介します。抹茶と豆乳が層になっているので見た目がオシャレで、味付けも甘すぎないので子どもからお年寄りまでみんなに喜ばれること間違いなしです!食感もトゥルトゥルで楽しめるので、おやつや食後のデザートにもぜひ試しください。

見た目がキュートで食べても美味しい、抹茶と豆乳のしましまゼリーの作り方をご紹介します。

ゼラチンの量を少なくしているので、柔らかい食感が楽しめますよ。

材料(約2個分)

豆乳ゼリー材料

  • 粉ゼラチン:2g
  • 水(ゼラチンをふやかす用):大1
  • 豆乳:100cc
  • 砂糖:10g

抹茶ゼリー材料

  • 粉ゼラチン:3g
  • 水(ゼラチンをふやかす用):大1
  • 抹茶:小2
  • 湯:大3
  • 豆乳:150cc
  • 砂糖:20g

作り方(調理時間:20分 ※冷やす時間は除く)

STEP1:粉ゼラチンをふやかす

粉ゼラチンに分量の水を加えてふやかしておきます。

豆乳ゼリーと抹茶ゼリーで使う分を、それぞれ別の容器で作っておきます。

STEP2:豆乳ゼリー液を作る

鍋に豆乳を入れて中火にかけ、砂糖を加えて混ぜながら溶かします。

沸騰する直前に火を止めて、ふやかしておいたゼラチンを加え、よく混ぜて溶かします。

ゼラチンを入れたあとに沸騰させると固まりにくくなるので気を付けてください。

STEP3:容器に注ぎ、冷やして固める

液の粗熱がとれたら、一番下の層の高さまでSTEP2の液を注ぎ、冷蔵庫で1時間以上冷やし固めます。

残りの液が固まってしまった場合は、弱火にかけて溶かして使ってください。

STEP4:抹茶ゼリー液を作る

抹茶を容器に入れ、分量の沸かしたての湯を入れて抹茶をときます。

別の鍋にといた抹茶と豆乳、砂糖を入れて中火にかけ、混ぜながら砂糖を溶かします。

沸騰直前で火を止めて、ふやかしておいたゼラチンを加えよく混ぜて溶かします。

STEP5:容器に注ぎ、冷やして固める

液を冷ましたら、STEP3の固めたゼリーの上に抹茶ゼリーを流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

同様に、3層目と4層目を作ります。

冷やし固めたゼリーが溶け出してしまわないように、抹茶ゼリー液を注ぐ前にしっかり冷ましてください。

STEP6:完成!

見てるだけでワクワクしそうな、しましまゼリーができました!

子どもからお年寄りまで喜ばれますよ。

作り方のコツ

固まってしまったゼリー液は弱火にかけるとすぐに溶けるので、気温の高い時期は特に2層目、3層目を冷やし固める間は冷蔵庫に入れて保管してください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。