1. 料理
    2. 作り置きしておけるご飯のお供に!「鶏肉ときざみ昆布の甘辛煮」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    作り置きしておけるご飯のお供に!「鶏肉ときざみ昆布の甘辛煮」の作り方

    白いごはんを食べるときは、やはり何かご飯のお供がほしいですよね。とはいえ、そういうときに限って何もなかったり。そんなときにオススメのレシピです。必要なのは鶏ひき肉ときざみ昆布、そして調味料だけ。簡単にたくさん作れて、作りおきもして置けるので、朝ごはんのときなどには特に助かります。和風の味付けがクセになり、ご飯がどんどん進みますよ。「鶏肉ときざみ昆布の甘辛煮」、ぜひお試しください。

    忙しい朝に1品あるといいなと思うご飯のお供「鶏肉ときざみ昆布の甘辛煮」の作り方をご紹介します。

    市販の細くカットされたきざみ昆布と鶏ミンチ肉を使って、シンプルな和風の味付けにしました。

    材料

    • 鶏肉:100g
    • きざみ昆布:10g
    • しょうゆ:大2
    • 酒:大1
    • 砂糖:大1
    • みりん:大1
    • だし汁:50cc

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:きざみ昆布を洗って切る

    きざみ昆布は1~2分水につけて戻したら、サッと水で洗って1cm幅に切ります。

    STEP2:材料を煮る

    鍋にしょうゆ、酒、砂糖、みりん、だし汁を入れて沸かします。

    鶏ひき肉を入れて、アクをとります。

    きざみ昆布を入れて汁がほとんどなくなるまで煮ます。

    このくらいで火を止めます。

    STEP3:完成!

    お皿に入れてできあがりです。

    作り方のコツ

    お好みで最後にごま油やラー油を入れても美味しいですよ。

    ぜひ作ってみてくださいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人