\ フォローしてね /

優しい甘さでホッコリ気分!「サツマイモのあずき煮」の作り方

秋といえばサツマイモを食べたくなるの季節ですが、食べ方といえばホクホクの焼き芋か大学いもがほとんど。もちろんそれもおいしいですが、たまには違った食べ方をしてみてはいかがでしょうか?というわけで、この記事では優しい甘さの和風おやつ「サツマイモのあずき煮」のレシピをご紹介します。サツマイモと小豆の相性は抜群で、作り方もゆでて煮るだけなので簡単です。焼き芋や大学いもに飽きたときに一度試してみては?

ホクホクのサツマイモと穏やかな甘みの小豆を合わせた、素朴なおやつです。

おイモをゆでたら市販のゆで小豆と合わせるだけなので、作るのもカンタン。しかも、バターや生クリームをつかわないので、胃もたれしにくいのも嬉しいです!

材料 (4~5人分)

  • サツマイモ… 250g
  • ゆで小豆(缶詰、またはレトルト)… 200g
  • 醤油… 2~3滴

サツマイモのあずき煮の作り方(調理時間:30分)

STEP1:サツマイモを切る

サツマイモは丁寧に水洗いし、一口大の乱切りにします。

STEP2:サツマイモをゆでる

サツマイモを鍋に入れ、ひたひたに水を入れたら沸騰するまでは強火、それからは弱火にして、7分くらい下ゆでします。ゆで上がったらサツマイモはいったん取り出し、水は捨てます。

おイモによって加熱時間は変わります。煮くずれないよう、様子を見ながら調節してください。

STEP3:小豆とあわせる

カラの鍋にゆで小豆、大さじ2杯の水と醤油2~3滴を入れ中火で1分くらい温めます。フツフツしてきたら、サツマイモを戻し、全体にまぜます。火を止めてフタをし、しばらく放置して味をなじませます。

お好みでお砂糖を加えても良いです。

STEP4:完成!

器にもりつけたらできあがりです。

おわりに

奈良県の郷土料理にかぼちゃと小豆を醤油で煮た「いとこ煮」という料理がありますが、今回のレシピは甘みのあるゆで小豆を使ったぜんざい風のメニューです。

食事のお供というよりも、おやつの時間に濃い目の日本茶と一緒に楽しむのにピッタリ。温かいものはもちろんですが、冷たくしても、栗ようかん風で美味しいです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。