\ フォローしてね /

女性バーテンダーに聞いた、一人でも行きつけのBARを作る方法

今日はなんとなく一人で飲みたい…そんなときってありますよね。最近では男性客に混じっておひとりさまBARを楽しむ女性も増えているんだとか。とはいえ、おひとりさま初心者にとってBARでのひとり飲みは少々ハードルが高いイメージもあるのでは?そこで今回は銀座でBARを営む現役女性バーテンダー・岡崎ユウさんにお話を伺ってきました。自分にぴったりのBARをさがす方法から常連のBARを作る方法まで、おひとりさまBARデビューをするときに知っておきたい情報が満載です!

ふと空を見上げ、なんとなく一人で飲みたくなる夜。そんな時、ふらっと立ち寄れるような行きつけのBARがあったら素敵ですね。

とはいえ昔から「BARの扉は重い」と言われるように、初めてのBAR・それも女性1人となると少々敷居が高いイメージがあるのも事実…。

そこで今回は国内外数々のバーテンダーコンペティションで優勝した経験をお持ちで、銀座の「BAR AVANTI」のオーナーでもある岡崎ユウさんに「おひとりさま初心者が常連BARをつくる方法」についてお話を伺ってきました!

本記事は、2015年9月の取材情報をもとに執筆されたものです。

おひとりさまBARのメリット

大勢でワイワイ飲む。気のおけない友人としっぽり飲む。これらとはまた違った魅力が、おひとりさまBARにはあります。

自分の好きなペースで飲むことができる

どんなに仲の良い相手でも、いざ一緒に飲むとなれば、お店選び、お酒の種類、飲むペース…少なからず小さな気遣いが必要になります。

その点おひとりさまBARの場合は、一人で物思いにふけるもよし、バーテンダーととりとめのない話をするもよし、もちろん好きなお酒のオーダーも自由、と誰に気兼ねすることなく自分のペースで時間と空間を楽しむことができます。

岡崎さん「例えば、飲み会や接待の後に一杯だけ自分のためのお酒を飲みに来る、など自分をリセットするための場所としてBARを利用されるお客様も多いですね」

自分の世界を広げられる

普段生活する中ではなかなか出逢えないような様々な年齢・職業の方との交流を持てるのもBARの醍醐味。一人でBARを訪れて、たまたまカウンターで隣同士になった人と意気投合して…なんてことも実際にあるようです。

岡崎さん「初めて来店されたお客様とバーテンダーが一対一で会話をしているときに、隣のお客様がバーテンダー伝いに話しかけてくるということは珍しくありません。それをきっかけにしてお客様同士すぐに打ち解けられるケースも多いですね」

ちなみに、最近では20代後半~30代くらいの女性おひとりさまの来店が増えています。BAR AVANTIのお客様の男女比も、5年前のオープン時には9:1ほどだったのが今では7:3くらいになっているんだとか。

岡崎さん「昔はBARというと紳士の社交場というイメージも強かったのですが、最近ではむしろ女性の方が社交的。一人でもお酒を楽しんでる方も多い印象ですね。」

自分にぴったりのBARの見つけ方

思い切ってBARデビューをしてみよう!と思い立った時の最初の難関はお店選び。一言にBARといっても、取り扱っているお酒の種類からお店の雰囲気まで様々です。自分にぴったり合ったお店を見つけるにはどうしたらよいのでしょうか?

STEP1:知人から紹介してもらう

「どんなお店を選んだらいいのか全くわからない」という場合は、まず知人に行きつけのお店を紹介してもらうのがおすすめ。

初めてのお店でも、自分のことをよく知っている人の紹介であれば安心して足を運ぶことができますし、「〇〇さんの紹介で来ました」という言葉一つでバーテンダーとの会話のきっかけもつくりやすくなります。

また、いきなり一人ではハードルが高い!という人は初回だけ紹介者に同行してもらうのもいいかもしれません。そのお店にまた来たいなと思えば、帰り際に

「今日はすごく楽しかったです。今度は一人で来てもいいですか?」

とバーテンダーに一言伝えればOK。次回はスムーズにおひとりさまデビューができるでしょう。

STEP2:インターネットで探してみる

「ゆっくり一人で飲めるような雰囲気がいい」「仕事帰りに寄れるところがいい」など、自分の行ってみたいBARの雰囲気や条件がある場合には、インターネットで検索してみましょう。

このご時世、HPやブログで情報発信をしているBARも多いですし、BAR-naviや食べログなどの情報サイトには実際お店に足を運んだ人のリアルなレビューが書かれています。予算やお店の雰囲気など自分の条件に合ったBARが見つかったら、まずは何軒かピックアップしてみてはいかがでしょうか。

岡崎さん「また、お店の雰囲気を掴むための方法の一つとして、お客様が写っている写真を見るということもおすすめです」

STEP3:電話をしてみる

リサーチをしていてちょっと気になるお店があったけど、いきなり来店するのは不安…。そんなときにはまず問い合わせの電話をしてみましょう。電話口に出たバーテンダーやお店のスタッフの対応がそのままお店の雰囲気に表れているということもよくあることです。

その対応で「このお店に行ってみたい」と思えば、そのまま予約してしまうのもいいですし、ちょっと思っていたのと様子が違うと思えば、いくつか質問をして話を切り上げてしまってかまいません。

岡崎さん「初めての場合は予約をしていった方が安心かもしれませんね。席の確保はもちろんですが、事前に電話でお話をしていると、来店時にもスムーズに会話に入りやすくなります」

STEP4:気になったら思い切って扉を開けてみる

最終的に自分の直観に身を任せてみるのもアリです。ふと前を通りかかって、看板を見て、少しでも気になったお店が見つかった場合は、思い切って扉を開けてみましょう。

BARの扉は外から店内が見えないつくりになっていることも多く、その時点で尻込みしてしまうかもしれません。けれど、もし扉を開けて思っていたのと違った場合には「すみません、間違えました!」と一言言って扉を閉めてしまえばなにも問題ないのです。

「えっそんなことしてもいいの!?」と思うかもしれませんが、意外なことに扉の前で回れ右をしても、それは失礼には当たらないんだとか。

岡崎さん「BARは無数にあります。人によって馴染めるお店、馴染めないお店は違いますので、一軒目が合わなかったとしても諦めずに何軒かトライしてみてください。そのうちに、ご自身に合ったBARがきっと見つかると思いますよ」

初めてのBARデビュー前に覚えておきたいこと

行ってみたいBARが見つかったら、早速実際に足を運んでみましょう。初めてのお店だと緊張してしまいがちですが、基本的なことさえ頭に入れておけば何も怖がることはありません。

予算

「大体どんなBARでも’’一人5000円’’あれば楽しめると思います」と岡崎さん。その内訳は以下の通りです。

  • チャージ(相場:1000円〜1500円)
  • 飲食代(平均:ドリンク2~3杯程度)

BARにはメニューがないから入りにくいと思う人も多いと思いますが、カクテルの相場は大体1杯1000〜1500円ほど。季節のフルーツなどを使ったカクテルの場合は値段が上がってしまいますが、どんなに高いお店でも大体1杯2000円弱で楽しめるところが多いようです。

服装

昔は「ジャケット着用が基本」というようなBARも多かったのですが、最近ではそんな厳格なドレスコードのあるお店は少なくなっているのだそう。とはいえ、お店によっては、短パン・ビーチサンダルといったあまりにラフすぎる格好で行くと入店を断られてしまうことも…。

男性の場合は、長いパンツ・革靴を履いていればひとまず安心。ちなみに、長いパンツはデニムなどカジュアルなものでもOKです。

男性に比べて女性の場合は、そこまで難しく考える必要はなく、海の家に行くようなあまりにラフすぎる格好でなければ普段の格好で問題ありません。

もしどんな格好をしていけばいいのか悩んでしまった場合は、お店のブログやFacebookに載っている常連のお客さんの服装を見て、大体の雰囲気をつかむのもおすすめです。

時間帯

BARは訪れる時間帯によって雰囲気が変わります。自分の目的に合わせて、入店時間の狙いを定めましょう。

  • 静かにゆっくり飲みたい場合:18:00〜20:00
  • お店の雰囲気を味わいたい場合:20:00〜22:00
岡崎さん「そのお店の普段の雰囲気を知るには常連さんたちが集まってくる20:00以降がいいと思いますが、あまりに忙しすぎるとバーテンダーがゆっくり対応できないこともあります。BARに慣れていないうちはオープン直後の時間帯の方がおすすめかもしれませんね」

BARデビューの作法はこちらもチェック!

常連になるためのSTEP1:まずはお店に馴染むこと

いざ、BARに足を踏み入れてはみたものの落ち着かなくてそわそわ…そんな状況は脱していち早くそのお店に馴染むためには、積極的なコミュニケーションが重要になってくるようです。

オーダーは絶好のタイミング

初めて行ったお店に馴染むためには、まずはバーテンダーと会話をすることです。とはいえ、どのタイミングで話しかければいいのかが悩ましいところ。岡崎さんによる、一番スムーズに会話に入れるのはオーダーの時なんだそうです。

岡崎さん「お酒の種類などがわからなくても大丈夫です。素直に『BARが初めてで、お酒についてあまり詳しくない』などとお伝えいただければ、その場でお客様と相談してぴったりなお酒を見つけていきます」

特に初めて来店されたお客様の場合はバーテンダーの方から、嫌いなものはあるか、お酒の強さはどうか、他でどんなもの飲んでいるか、食事の前か後か…、などとカウンセリングのように色々質問を投げかけて、その人の好みや今の気分にあったドリンクを探っていくのだそうです。

もちろん、自分の知っているカクテルをそのまま頼むのもいいのですが、そこから一歩踏み込んでみるのもおすすめ。

例えば「普段はジントニックをよく飲むんですけど、違うカクテルでおすすめはありますか?」などと問いかけることによってその後の会話も広がりますし、今まで知らなかった新たなお酒に出逢うきっかけにもなるでしょう。

とにかく何でも話してみよう

お店が忙しいときはオーダーの時にしか話しかけることができないかもしれませんが、オープン直後のお客様が少ないうちはバーテンダーとゆっくり話ができるチャンスです。

岡崎さん「恥ずかしがらずに、どんどんバーテンダーに話しかけてみてください。こちらもお客様の方から話しかけてもらえると嬉しいものなんですよ」

お酒やBARについて質問してみるのはもちろんですが、話のネタはどんな些細なことでも大丈夫。岡崎さんによると、この辺でよく飲んでる、ここに住んでる、この辺りに勤めているというような土地・地域の話をすると印象に残りやすいのだとか。

時には常連さんと話をしてみるのもあり

隣に座っているお客様から不意に話しかけられるなんてシチュエーションがしばしば起こりうるのもBARならでは。誰にも邪魔されずに一人で飲みたいという気分でない限りは、思い切ってその話に乗ってみましょう。

その場を楽しむことはもちろん、常連客と顔見知りになれば、次に一人でお店に行くときのハードルが少し低くなる気がしませんか?

また、BARフリークの中には、一軒で1~2杯飲んで何軒ものBARをハシゴする「BARホッパー」なる方々も多く、そのBARのことはもちろん周辺のお店についても詳しい情報を持っていることも少なくないのだとか。

岡崎さん「カウンターで仲良くなったお客様同士が連れ立って2軒目に移動して行ったり、BARの紹介をしあったりしていることも珍しくありません」

「〇〇さんの紹介で」といえば新しいお店でも比較的スムーズに馴染めることが多いです。そこで得た情報をもとに新たなお店開拓をしてみるのも良いかもしれませんね。

常連になるためのSTEP2:帰り際が鍵となる

楽しい時間を過ごして、そろそろ帰ろうかなと思っても油断は禁物。お家に帰るまでがBARデビューです。お店とこれから良い関係を築いていくためにも最後までスマートに振る舞いたいものですね。

立つ鳥跡を濁さず

「バーテンダーに顔を覚えてもらうのが、常連への一番の近道」とはいえ、泥酔してしまう、カウンターで寝てしまう、など逆の意味で印象付けてしまっては次に足を運びにくくなってしまいます。

「今日は楽しかった」とお店も自分もお互い気持ちよく時間を共有できてこそ、常連さんへの道が開けるというものです。自分のお酒の強さやペースを知った上で、ほろ酔い気分で帰れることを心がけましょう。

岡崎さん「ある程度通っていただいているうちにバーテンダーもその人の強さやペース、お酒の好みがわかってきます。そうするとお酒の勧め方も変わってきますので、まずはそこまで通ってみていただきたいですね」

常連になるためのSTEP3:印象付ける通い方とは

初来店時に「なんかこのお店いいな」と少しでも思ったら、何度か通ってみることをおすすめします。足を運ぶたびにそのお店のスタイルなどもだんだんとわかってきますし、気が付いたらいつの間にか常連の仲間入りをしているかも?

最初の来店頻度が鍵となる

このお店の常連になりたい!と思ったら、バーテンダーやお店のスタッフのなかに自分の印象が残っているうちに、できるだけ間を空けずに何度か足を運ぶのが効果的です。ここでポイントになるのが、来店ペース。

岡崎さん「来店頻度が高ければ、それだけ印象にも残りやすいのは確かですが、1週間に1回のペースで3週間ほどを目安に通えば自然とお店にも馴染めてくると思いますよ」

また、無理なくお店に通うための一つの方法としては自分の懐具合と相談して、「一回につき2杯だけ」などと自分の中であらかじめルールを決めておくのもおすすめです。

少し物足りないなと思うくらいに設定しておくと、自然と間を空けずにまた足を運びたくなる気がしませんか?

〇〇の人のイメージをつくる

自分を印象付けるためには、「1杯目は必ずジントニック」というように、毎回同じドリンクを頼むという方法もおすすめ。

それだけで相手の印象に残るだけでなく、「ジンがお好きなんですね。では、こちらのカクテルはいかがですか?」といったように、バーテンダーの方から話を広げてもらえるきっかけにもなるそうです。

岡崎さん「BAR選びにおいても、色んなお店で決まったカクテルを飲み比べてみるのはおすすめです。何軒も飲んでいくうちに、『あっ自分はこのお店の味が好みなんだ』と気づければバーはもっと楽しくなりますよ」

求めよ、さすれば与えられん

初めて一人でBARの扉を開くのはなかなか勇気が必要だと思います。しかし、勇気を振り絞って一歩足を踏み入れてしまえば、そこにはふっと肩の力が抜けるような憩いの空間が広がっています。

岡崎さん「自分のお店を始めた時の想いの一つに、同じ様に’’仕事を頑張る女性の方々が1人でも安心して1~2杯飲みながらホッと出来る空間を作りたい’’というものがあったんです。是非女性の方々にも重いBARの扉を開いて頂き、ご自身に合った空間を見つけて欲しいと思っています」

これを機会に、家でも職場でもない自分だけの秘密基地を見つけてみてはいかがでしょうか。

お話を伺ったのはこの方!

BAR AVANTI オーナー:岡崎ユウさん

20歳から27歳まで 幼稚園の体操の先生をし、その後 バーテンダーの世界に飛びこんだ異色の経歴の持ち主。ハバナクラブモヒートコンテスト世界大会や日本バーテンダー協会主催の全国技能競技大会など国内外の数々のコンテストでいくつもの賞を受賞し、2010年東京銀座にBAR AVANTIをオープン。

(image by nanapi編集部)
(ライター:野口飛鳥)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。