\ フォローしてね /

子どもと一緒に選んでみる?千歳飴の基礎知識

七五三といえば千歳飴というぐらい切っても切り離せないものです。昔からあるスタイルのものも伝統的で着物に似合いますが、今はおしゃれな千歳飴もあります。一生に何度もある機会ではないので、できればいろいろと考えてそろえてみてはいかがでしょうか。

11月15日は3歳・5歳・7歳のお子さんの成長を祝う「七五三」。そんな七五三に欠かせないお菓子が「千歳飴」です。

松竹梅や鶴・亀があしらわれたおめでたいデザインが一般的な千歳飴ですが、「普通とはちょっと違うおしゃれでかわいい千歳飴を持たせたいな…」と思ったことはありませんか?

ここでは、千歳飴の基礎知識をご紹介します。お子さんの健康と長寿を願うお祝いを、少しだけ特別にしてみませんか?

千歳飴とは

そもそも千歳飴とはどういったものなのでしょうか?

千歳飴とは?

千歳飴とは、七五三のお祝いのときに用いられる飴のことです。

その発祥は江戸時代の浅草という説があり、紅白で染められた長い千歳飴を食べることで千年(千歳)やそれ以上でも長生きできるようにという願いが込められた縁起物として広く受け入れられていったんだとか。

そんな縁起物としての性質は現在でも失われていないため、最近の千歳飴の包装にも「長寿」や「繁」栄をあらわす「鶴と亀」、おめでたいモチーフである「寿」「松竹梅」といったデザインがあしらわれています。

千歳飴を手に入れるには

そんな千歳飴を手に入れるには、大きく分けて

  • 神社で授与してもらう・買う
  • 写真スタジオでもらう
  • 飴屋などで買う

という方法があります。

祈祷をしてもらう神社によっては、千歳飴を授与してくれるところと購入しなければならないところがあるため、前もって神社に確認しておくのがベストです。

また写真スタジオなどでも千歳飴を記念にくれる場合とそうでない場合があるため、その旨を事前にチェックしておきましょう。

市販のものを購入する場合は、飴屋さんをはじめとして各種のお菓子屋さんなどでも手に入れることができます。

予約購入が混み合う前に、千歳飴を販売しているショップをチェック・予約などをしておけるといいですね。

自分で作ってみるのもアリ!

最近では、千歳飴の図柄をご両親やお子さんが自由に描いて作るケースも増えています。

自分で印刷するケースが多めですが、飴屋さんによってはあえて真っ白の包装を用意している場合があります。気になる方は問い合わせてみてもいいかもしれませんね。世界にひとつだけの千歳飴は、きっと思い出に残るはずですよ!

千歳飴もかわいくおしゃれに!

七五三が終わると、食べる機会も減ってしまう千歳飴。

特別なお祝いに使う千歳飴をちょっとだけおしゃれで特別なものにしてみてはいかがでしょうか?

(image by ぱくたそ)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。