\ フォローしてね /

翌日のお弁当にも!「きんぴらスクランブルエッグ」の作り方

甘辛いきんぴらは日本の食卓の定番料理ですが、ひと手間加えると違った楽しみ方ができるようになります。何をするかというと、卵で綴じてしまうのです。ゴボウと人参のこりこりシャキシャキした食感に卵のふんわりが加われば、想像するだけでおいしそうですよね。たくさん作って、翌日のお弁当に入れれば喜ばれること間違いなし!きんぴらを作る際には、このレシピを参考にひと手間加えて「きんぴらスクランブルエッグ」にしてみてはいかがでしょうか?

甘辛くて美味しい和食の定番きんぴらを、スクランブルエッグで綴じてひと味違うおかずを作りました。

お子様にも好評間違いなしです。ご飯に乗せて丼にしてもグー。ふんわり卵とシャキシャキきんぴらの食感が美味しいですよ!

材料(4人分)

材料

  • ゴボウ:70g
  • 人参:80g
  • 卵:2個
  • 酢:適宜
  • マヨネーズ:大さじ1

調味料

  • 酒:大さじ1
  • 醤油:小さじ1
  • 和風だし:小さじ1
  • 砂糖:小さじ2
  • 水:大さじ2

作り方(調理時間:15分)

STEP1:野菜を切る

ゴボウは皮を剥き、長さ4cm、幅2mmの細切りにして、酢を数滴入れた水にさらし数分アク抜きしておきます。

人参も同様にして皮を剥いたら、長さ4cm幅2mmの細切りにします。

STEP2:野菜を炒める

フライパンにマヨネーズを熱し、中火でゴボウと人参を3分炒めます。

STEP3:蒸し焼きにする

フライパンに調味料をすべて加えて弱火にし、アルミホイルで落し蓋をしたら5分蒸し焼きにします。

STEP4:卵で綴じる

溶いた卵2個を流し入れ、箸ですばやくかき混ぜながらきんぴらと炒め合わせます。2〜3分して卵が固まってきたら、固まりきらないうちに火を止めます。

STEP5:完成!

器に盛れば完成です。

作り方のコツ

夕食のおかずにきんぴらを作っておき、翌朝卵で綴じてお弁当に入れると2度楽しめますよ。

マヨネーズで炒めるのが、コクが出て、より美味しくなるポイントです。

ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。