\ フォローしてね /

残った野菜で簡単おいしい!「節約あんかけうどん」の作り方

給料日前でお金が無いとき、買い物に行くのが面倒なときなど、冷蔵庫の中にあるものだけでどうにか食事を済ませたいですよね。そんなときの節約料理としてご紹介したいのがこの「節約あんかけうどん」のレシピ。うどんは冷凍のもの、具材は残りものの野菜、味付けは麺つゆでいいので、特別なものは何もいりません。残りもの次第で具材も変わるので、作るたびに違った味を楽しめますよ。節約したいときには、ぜひ試してみてください。

給料日前は新しく食材を購入せずに、できるだけ家にあるものを使って節約したいですね。ここでは少しずつ残った野菜を使って美味しいあんかけうどんの作り方を紹介します。

野菜たっぷりの優しい味のうどんで体も懐もほっこり温まります。

材料(1人分)

  • 冷凍うどん玉:1玉
  • 玉ねぎ:1/4個
  • 人参:1/4本
  • 薄切り椎茸(乾燥したもの):4~5枚
  • ちんげん菜:小ぶりを1株
  • 小ネギ:1本
  • 麺つゆ:水で5倍に薄めて約1カップ(200ml)
  • 片栗粉:大さじ1
  • サラダ油:適量

作り方(調理時間:15分)

STEP1:玉ねぎを櫛切り

玉ねぎは薄く櫛切りにします。

STEP2:人参を短冊切り

人参は皮を剥いて4cmくらいの長さ、幅3mmの大きさの短冊切りにします。

STEP3:ちんげん菜を切る

ちんげん菜は根元部分を切り落とし、水でよく洗って土を落としてから、葉と茎を分けて一口大に切ります。

STEP4:乾燥椎茸をもどす

乾燥椎茸は浸るくらいのぬるま湯を入れてもどします。薄いので5分くらいで大丈夫です。

STEP5:小ねぎを小口切り

小ねぎは根元部分を切り落として2mm幅の小口切りにし、青い部分と白い部分を分けておきます。

青い所は最後にトッピングに使います。

STEP6:うどんを湯がく

鍋に水を沸騰させてから、冷凍のうどんを入れ1~2分湯がいて、ざるにあげます。

STEP7:玉ねぎ、人参、ちんげん菜の茎を炒める

フライパンにサラダ油を適量入れ、強めの中火で玉ねぎ、人参、ちんげん菜の茎部分をしんなりするまで炒めます。

STEP8:椎茸、小ねぎ、ちんげん菜の葉を加える

椎茸は手で軽く絞って水気を切ってから加え、小ねぎの白い部分とちんげん菜の葉を加え、さらに強めの中火で数分炒めます。

STEP9:麺つゆを加える

麺つゆは記載されたとおりに水で薄めて、200ml加え、強めの中火で煮立たせます。

ここでは5倍に薄めています。味は好みの濃さに調節して下さい。

STEP10:片栗粉でとろみをつける

大さじ1の片栗粉を大さじ2の水で溶いてから、少しずつ加えとろみがつくまで時々かき混ぜて炒めます。

STEP11:うどんを丼に盛る

湯がいたうどんを丼に盛ります。

STEP12:完成!

とろみのついた野菜をうどんの上にたっぷりかけ、小ねぎの青い部分をトッピングしたら完成です。

作り方のコツ

ちんげん菜の変わりにキャベツや白菜など冷蔵庫の中に残っているものを使いましょう。具材や冷凍うどんは安売りのときにまとめ買いすると節約出来ます。

うどんはあんができる直前に湯がくと熱々ですし、夏なら冷水で引き締めると冷たくいただけます。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。