\ フォローしてね /

かわいいも時短も叶っちゃう!プロが教える「おすすめお弁当グッズ」

皆さんがお弁当を作るのはどんなときですか?自分の会社での昼食。恋人や家族とのピクニック。娘・息子の運動会…作る機会は多いけれど、味も見栄えもいいお弁当を考えるのって大変ですよね。もっとラクに楽しいお弁当を作るには、どうしたらよいのでしょうか?そこで、プロがすすめるお弁当のおすすめグッズをご紹介します。お弁当箱やご飯もの・おかずの料理に便利な調理器具など、予定がない日でもお弁当を作りたくなること間違いなしです!

毎日のランチや、秋の遠足・ピクニック。運動会や紅葉狩り…お弁当を作る機会は多いですが、メニューを考えたり、見栄えのいいおかずを作ったりするのって意外と大変ですよね。もっとラクに楽しいお弁当を作るには、どうしたらよいのでしょうか?

そこで、今回は料理研究家の河瀬璃菜さん(以下、河瀬さん)に、お弁当のおすすめグッズを教えていただきました。お弁当箱や便利な調理器具など、プロが使っているグッズを知れば、予定がない日でもお弁当を作って出かけたくなること間違いなしです!

本記事は、2015年10月の取材情報をもとに執筆されたものです。

お弁当づくりのポイント

河瀬さんには、ふだんお弁当を作るときに気をつけているポイントがあるのだそう。

河瀬さん「基本的には揚げ物を入れないようにしています。揚げ物の醍醐味はやはりサクッとした食感。そして油は時間の経過や空気に触れることでどんどん酸化していきます」

揚げ物は、やはり揚げたて・サクサクが一番おいしいものです。酸化した油だと思うと、あまり食欲はわいてきませんよね。

河瀬さん「自身や大切な家族の健康を考えて、例えばエビフライをエビチリにするなど、なるべく揚げ物でないおかずを作るように心がけています」

揚げ物でなくてもおいしいおかずはたくさんあるので、お弁当のメニューを考えるときにはぜひ一工夫を。

おすすめのお弁当箱

ここからは河瀬さんに教えていただいた、おすすめのお弁当グッズをご紹介します。まずは欠かせないお弁当箱から!

曲げわっぱ

薄い木材を曲げて作られている曲げわっぱ。ナチュラルな風合いで、いつものお弁当がレベルアップすること間違いなしです。

河瀬さん「曲げわっぱは木で作られているため、ごはんの水分を程よく吸ってくれます。夏はごはんが傷みにくく、冬は固まらずに美味しい状態で食べられるところがお気に入りです」

思い切って先に曲げわっぱのお弁当箱を準備すれば、おのずとお弁当を作る習慣がつくかも!

ミニ重箱

重箱の出番は、何もおせちのような重に限ったことではありません。お弁当箱をミニ重箱に変えると、なんとなく特別な感じが出て、ランチタイムが楽しみになるはず。

河瀬さん「普段のお弁当箱をミニ重箱にするだけで、見た目が華やか、豪華に見えるのが嬉しいポイントです。仕切りがついているものも多いので、おかずが詰めやすいのもいいですね」

見た目と機能性の両方を兼ね備えたミニ重箱は、どんなシーンでも活躍してくれそうです。

スープジャー

続いては、いつでも暖かいスープが持ち運べるスープジャー。アイディア次第で、さまざまなお料理をお弁当にできちゃいます。

河瀬さん「冬の寒い時期にスープを持ち運んだり、カレーを入れておけるので便利です。保温調理でリゾットなども入れるだけで作ることができるのもおすすめポイントです」

カレーやリゾットがお弁当で楽しめるのは嬉しいですね。お昼に温かいものがあると、午後もがんばれそうです。

おすすめ調理器具・主食編

お弁当にはご飯を詰めるのもいいですが、ぱくぱくといけるおにぎりやサンドイッチも嬉しいもの。さらにお弁当が楽しくなるようなグッズをご紹介します。

海苔カップ

海苔がカップ状になっている便利グッズ。ぜんぶ食べられるので、食後のゴミや洗い物も減り、一石二鳥ですね。

河瀬さん「白ごはんを入れるだけで可愛いごはんものができます。ケーキのような見た目で食が細いお子様も楽しく食べていただけますよ」

ふりかけなどでご飯の色合いを変えても楽しそう。また、ご飯の上におかずを乗せてもかわいらしいですね。

焼きおにぎりカップ

ごはんを詰めてトースターで焼くと、焼きおにぎりのカップができるグッズです。ケチャップライスに卵を入れてオムライス風、白ご飯に焼肉を入れて焼肉弁当風など、カップとおかずの組み合わせを考えるのが楽しくなりそうです。

河瀬さん「カップにおかずを入れるだけで豪華に見えますし、一つでおかずとごはんを一緒に食べることができるので、お昼をゆっくり取れない忙しい方にもぴったりです」

おにぎりに飽きてしまった方は、こんなグッズで変化をつけてみてはいかがでしょうか。

サンドイッチカッター

こちらのサンドイッチカッターは、サンドイッチ派におすすめのグッズ。かわいいサンドイッチがあっという間にできちゃう優れものです。

河瀬さん「動物やハートなど様々な形、大きさのものがあるサンドイッチカッター。普段のサンドイッチに使用するだけで楽しいランチタイムを過ごすことができます。あまった耳はパン耳グラタンや、フレンチトースト、ラスクなどにするとお弁当のおかずにもなりおすすめです」

パン耳をおかずにすれば、ムダなくおいしいお弁当が作れちゃいますね。

おすすめ調理器具・おかず編

忙しい朝には、なるべく短い時間で見栄えのするおかずを作りたいもの。そんなときは、次にご紹介するグッズが役立ってくれます。

シリコンカップ

洗って繰り返し使えるシリコンカップは、お弁当づくりの強い味方です。ただ仕切りとして使うだけではもったいない!

河瀬さん「電子レンジで加熱できるので、溶き卵や野菜を入れてオムレツ風などのおかずが簡単に。そのままお弁当箱に入れられるのも嬉しいです。朝の忙しい時間のお弁当作りにぴったりです」

レンジやオーブンで加熱している間に、他のおかずを作れば、大幅に時短できちゃいますね。

葉っぱのピック

なにかと使えるピックは、持っている方も多いのではないでしょうか。河瀬さんによると、特に葉っぱのモチーフのものがおすすめなのだそうです。

河瀬さん「ミニトマトやウズラの卵などに挿すだけで可愛いさくらんぼやリンゴのように見えるピックです。時間がなくてなかなかおかずに凝れないときに挿すだけで、可愛く演出できるのは嬉しいです」

そのまま食べてもおいしいですが、こんなちょっとした演出があれば、ランチタイムがさらに楽しくなります。

センターエッグトリプルパン

ご覧の通り、仕切りが入っているので3種類のおかずを作ることができます。フライパンをいちいち洗う必要がないので、とっても楽ちん。

河瀬さん「これ一つで卵焼きやソーセージ、炒め物などが一気に作れるのが嬉しいです。仕切りが小さいので、卵焼きは卵一つでもできるのは節約にもいいですね」

お弁当はもちろんのこと、朝ごはんを作るときにも役に立ってくれそうなフライパンです。

日々のお弁当づくりをもっと楽しく!

お弁当箱や調理器具など、プロもおすすめするグッズをたくさん教えていただきました。忙しいお仕事の合間や、大切な人との思い出づくりに、見ても食べても楽しめるお弁当があれば嬉しいもの。

ヘルシーで彩りもよい日本のお弁当文化は、海外でも「BENTO」と呼ばれ、じわじわと人気上昇中です。毎朝作るのはめんどくさそう…と敬遠していた人も、グッズをそろえてお弁当づくりにチャレンジしてみては?

取材協力

河瀬 璃菜さん

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。フードクリエイティブファクトリー所属 料理研究家、フードコーディネーター。

「食を通して幸せな人を増やす」という意図に基づき、レシピ開発や料理教室講師、イベント企画運営、メディア出演、コラム執筆、執筆プロデュースなど、食に関わる様々な活動をしている。2014年7月よりフードクリエイティブファクトリーの執筆プロデューサーに就任し、月間40本の記事をプロデュース。

(image by 写真AC)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。