\ フォローしてね /

ワンランク上に!レトルトにちょい足しで安く作れる「本格風味の麻婆豆腐」の作り方

市販の麻婆豆腐の素は安くて簡単に作れますが、なにか物足りない感じがしてしまうのも事実。しかし、ちょっと工夫を加えるだけで、安いままに本格風味に変身させられます。麻婆豆腐はおかずとしても食べられますし、ご飯にかければ丼物にもなってさまざまな楽しみ方ができてお得ですよね。このレシピは市販のものを使うということで、普段料理をしない方でも失敗なし!給料日前で出費は抑えたいけど本格的な麻婆豆腐を食べたいという人にはおすすめですよ。

市販の麻婆豆腐の素を使って、少し調味料を加えるだけで本格風味の麻婆豆腐が作れちゃいます。

ポイントは豆鼓醤(トウチジャン)と山椒。また、山椒の代わりに花椒(ホァジョー)を使えば、もっと本格的な風味が楽しめますよ!

材料(4人分)

材料

  • 豆腐:1丁
  • ピーマン:4個

調味料

  • 麻婆豆腐の素:市販品
  • ごま油:大さじ1
  • ニンニク:小さじ1(チューブでOK)
  • しょうが:小さじ1(チューブでOK)
  • 豆鼓醤:少々
  • 山椒:少々(お好みで)
  • サラダ油:大さじ1(ピーマンを炒める用)

作り方(調理時間:20分)

STEP1:ピーマンをさっと炒める

フライパンにサラダ油を入れて熱し、お好みの大きさに切ったピーマンを強火で30秒ほどさっと炒めます。ここではあまり炒めすぎないように。

炒めすぎると最後にピーマンの食感が失われますので、ピーマンの緑色が鮮やかになるくらいでOKです。

STEP2:水を入れる

今回は市販の麻婆豆腐の素を使用するため、記載されている水を分量通りに入れます。

強火で1分、フライパンに入れた水が沸騰したら次のSTEPに移ります。

筆者は200cc入れています。

STEP3:麻婆豆腐の素と豆鼓醤を加える

市販の麻婆豆腐の素を入れます。そして、隠し味の豆鼓醤を加えます。

豆鼓醤は入れ過ぎないよう、まずはお箸で少しすくったくらいでOKです。

STEP4:ごま油、ニンニク、ショウガを入れて混ぜる

次に火加減を中火にし、ごま油、ニンニク、ショウガを加えて混ぜます。

約2分ほど火にかけ、全体的に香りが立ったら次のSTEPへ。お豆腐を入れる前に下味を全部つけることで、簡単に仕上がりますよ!

花椒(ホァジョー)を使う場合、一緒に投入します。

STEP5:豆腐を加えて煮る

火力はそのままで豆腐を入れ、約2分軽く火が通るくらいにグツグツと煮ていきます。

STEP6:調味料を入れる

豆腐に軽く火が通ったら必ず弱火にして、市販の素に付いている調味料(とろみ粉など)を入れます。とろみ粉を入れたあと、全体をとろみがつくまで軽く混ぜます。

全体的にとろみ粉が混ざったら、中火に戻し1分ほど煮込み焦げないよう軽く混ぜます。全体にとろみがついたら完成です。

STEP7:完成!

器に盛ったご飯と一緒にどうぞ!

お好みで山椒をふりかけても美味しいですよ。

作り方のコツ

市販の麻婆豆腐の作り方に添って作るだけなのですが、かさ増すためにピーマンを入れています。

また、花椒(ホァジョー)を使うと本当にいい香りがするのですが、地域によって手に入れにくいので、代用品として「山椒」で作っています。

ぜひ一度ためしてみてくださいね!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。