1. 料理
    2. ハロウィンは流行の「スタッフドバゲット」をおばけカボチャにアレンジしてみよう!

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ハロウィンは流行の「スタッフドバゲット」をおばけカボチャにアレンジしてみよう!

    ハロウィンのイベントレシピといえば、やっぱりカボチャは欠かせません。ほくほくのカボチャは、子どもも大人も大好きな食材のひとつですよね!

    そこで今回は、最近流行の「スタッフドバゲッド」を、カボチャで作ってみました。「スタッフドバゲット」は、フランスパン(バゲット)に穴を開けて具材を詰めた料理。とっても簡単にできるので、お子さんと一緒に工作気分で作るのも◎!

    おばけカボチャのアレンジで、ハロウィンのパーティーを盛り上げる見た目に仕上げました。持ち寄りパーティーに、子どもとのディナーに、大活躍すること間違いなしですよ。

    材料(4〜6人分)

    • バゲット(フランスパン):1本
    • かぼちゃ:1/4個
    • じゃがいも:2個
    • 茹で玉子:1個
    • マヨネーズ:大さじ2
    • 塩コショウ:少々
    • 海苔:少々
    • 付け合わせの野菜:お好みで

    作り方(調理時間:60分)

    下準備として、生卵を固めに茹でておきましょう。茹で上がるまでの時間で他の具材を調理します。

    STEP1:じゃがいもの下ごしらえ

    じゃがいもはしっかり洗い、耐熱容器で3分加熱し、竹串を刺して加熱具合を確認します。硬い部分があれば更に1分ずつ加熱し、全体が柔らかくなるまで加熱します。

    STEP2:かぼちゃの下ごしらえ

    カボチャは加熱しやすいように厚さを揃えて切り、耐熱容器で2分加熱します。竹串を刺して加熱具合を確認し、硬い部分があれば更に1分ずつ加熱します。

    全体が柔らかくなったら、スプーンなどで皮の部分を外します。

    外した皮はサラダなどに使ってください。

    STEP3:フィリングを作る

    皮をむいたじゃがいもとカボチャを混ぜて細かくつぶします。

    次に、マヨネーズと塩コショウと細かくした茹で玉子を加えてよく混ぜます。

    STEP4:バゲットを切る

    バゲットを半分に切り、両端を少しだけ切り落とします。パン切り包丁などを使い、外側を1cmくらい残して中をくり抜きます。

    くり抜いた中身はハンバーグのつなぎ等に使ってください。

    STEP5:バゲットに詰める

    バゲットの端をラップでかるく包み、中にフィリングを詰めます。スプーンを使って少しずつ入れて、奥に押し込むようにします。

    詰め終わったら、ラップに包んで冷蔵庫で30分以上寝かせてなじませます。

    あまり詰め過ぎるとバゲットが割れてしまいます。バゲットの状態をみながら詰めてください。

    STEP6:好みの厚さに切る

    冷蔵庫から取り出し、お好みの厚さに切ります。

    STEP7:仕上げて完成

    短冊状に切った海苔で三角形と四角形をたくさん作り、ジャック・オー・ランタンの顔をイメージして貼り付けたら完成です!

    作り方のコツ・注意点

    海苔はフィリングの部分にかかるように貼ってください。海苔が取れにくくなります。

    ちなみに、海苔を貼る前の状態は上記写真のようになります。海苔なしですと、ハロウィン以外のパーティーでもお使いいただけますよ。具材を変えればいろいろと楽しめますので、ぜひお試しくださいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人