\ フォローしてね /

しっとりジューシー!美味しい餃子の作り方

美味しい餃子作ってみたいけど、どうやったらいいの?何を入れたらいいの?と困ってしまう方は多いのではないでしょうか。ここでは、紹興酒や酎ハイなどのお酒や鶏ガラスープ、ごま油などが入ったしっとりジューシーな餃子レシピをご紹介します。餃子餡には野菜、シイタケ、そして豚ひき肉がたっぷり入っているので、満足感もあります。この餃子にぴったりなタレのレシピも一緒に掲載されているので、ぜひ参考にしてみてください。

ここでは、野菜がたっぷり入ったおいしい餃子のレシピをご紹介します。

餃子のあんに鶏ガラスープや各種お酒、醤油、ごま油などの水分を加えると、しっとりジューシに美味しく仕上がります。餃子の皮は、市販のものを使いました。

材料(2人分)

餡の材料(17個分)

  • 豚ひき肉・・・100g
  • キャベツ・・・1枚(30g)
  • にら・・・30g
  • 長ネギ・・・8cm
  • 乾燥シイタケ・・・3個
  • 生姜・・・1かけ
  • にんにく・・・1かけ

調味料

  • 紹興酒・・・大さじ1
  • 酎ハイレモン・・・大さじ1
  • 減塩醤油・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 三温糖・・・大さじ1
  • 鶏ガラスープ・・・小さじ1

作り方(調理時間:6分※餃子餡をねかせる時間除く)

STEP1:材料を刻む

野菜を細かく刻みます。キャベツ、長ネギはみじん切りに、にらは3mmくらいに刻みます。また、乾燥シイタケは水に浸して柔らかくなったらみじん切りにしましょう。

このSTEPで、生姜はすりおろして小さじ1のしぼり汁にし、にんにくはすりおろしておきましょう。

STEP2:材料を混ぜる

ボウルに豚ひき肉、長ネギ、シイタケ、にんにくを入れて、しょうが汁を加えて、よく混ぜます。さらに合わせた調味料を加えましょう。

手で肉に粘り気が出るまでよく練混ぜます。そこにキャベツ、にらを加えたら練りこまず、肉と野菜をさっくりと混ぜ合わせます。

肉が偏らないように、よく野菜と混ぜましょう。

STEP3:餡を器に入れ、冷蔵庫でねかす

よく混ぜ合わせた餡を器に入れ、冷蔵庫でねかします。

冷蔵庫に1時間ほどねかすと落ち着いて包みやすいです。

STEP4:ねかせた餡を餃子の皮で包む

餃子の皮に餡を乗せます。

片側だけひだを入れて包みましょう。

STEP5:餃子を焼く

フライパンに、油を大さじ1入れて強火で1分位温め、餃子を並べて入れます。

1~2分位して焦げ目が付いたところに水100cc位入れてフライパンにフタをして、餃子を蒸焼きにします。

水分がなくなったらフタをとり、全体に少量の油をかけて焦げ目をつけます。餃子がパリッと焼き上がったら出来上がり。

STEP6:器に盛って完成

器に盛って完成です。

作り方のコツ

餃子につけるたれは、リンゴ酢1:米酢1:醤油1:荏胡麻油1:はちみつ1/2、の割合でつくると美味しいです。また荏胡麻の代わりにラー油や七味を加えて濃くしてもいい味です。

酎ハイレモンの代わりに他のお酒でもコクがでると思いますのでぜひ餃子を作ってみて下さい。餃子だけでも、またご飯のおかずとしても美味しい一品ですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。