\ フォローしてね /

PCなんて持ち歩きたくない!出先で写真バックアップを取る方法

こどもとでかけた際や運動会などの際、旅行先で撮った写真・動画のデータを、その場でどこか別のデバイス(たとえば一眼レフで撮った写真をPCに)に保存しておきたいと思ったことはありませんか?

また、スマホやタブレット、デジカメに入れるSDカードの容量不足に悩まされ、泣く泣く他のデータやアプリなどを削除している、という人も多いはず。

スマホやSDカードの写真整理は、時間があるときに溜まったデータを家のPCへ入れ、スマホやSDカード内のデータを減らす、という方法が一般的ですが、それだとどうしても手間がかかるうえ、家にいないとできない、あるいはPCやUSBケーブルを持ち運ぶハメになります。

でもおでかけ先にわざわざPCやケーブルを持っていくのは、重いしかさばるしで、とても億劫ですよね。

そこでこの記事では、出先で簡単にスマホやタブレット、デジカメの写真データバックアップを取る方法をいくつかご紹介します。

スマホで写真を撮る方向け

スマホにつなげられるUSBメモリを持ち歩く

PC用の外付けハードディスクやUSBメモリは有名ですが、iPhoneやAndroidに直接つなげられるUSBメモリがあることをご存知ですか?

従来のUSBメモリはiPhoneやAndroidに差し込むことができませんが、今やスマホにつなげられる端子付きのUSBメモリが販売されているのです。これさえあれば、スマホで撮った写真をその場でUSBメモリに取り込めます

通常のUSBメモリ同様、サイズが小さく軽いので、持ち運びに◎!バックアップ用にPCやケーブルを持ち運ぶ必要もなく、大変便利なアイテムです!

また、PCや一眼レフなどにつなげられる端子付きのものが多いので、「スマホからUSBメモリに移したデータをPCに入れたい」「一眼レフで撮った写真をUSBメモリに入れたい」という場合でも安心です。

いつでもどこでもネット上に保存!オンラインストレージサービスを使う

オンラインストレージとは、かんたんに言うとインターネット上の空きスペースのこと(そのスペースのことを「クラウド」と呼ぶことも)。そのネット上の空きスペースに画像や動画などのファイルを、ネット回線を通して入れたり取り出したりできるサービスのことをオンラインストレージサービスといいます。

インターネットにつながる環境であればどこでも、ファイルを保存しておけるので、たとえば公園や旅行先、出張先などで撮った写真をすぐにネット上(他の人には見られない自分のアカウント専用のページ)にあげることができます。そしてその写真は、スマホでもPCでも閲覧・編集できるようになります。

フォルダ分け機能があったり、作ったフォルダを誰かとシェアできるサービスがあったり、有料でフォトアルバムを作ってくれるサービスがあったりと、サービスによって特徴が異なるので、自分に合うサービスを選びましょう!

一眼レフ・ミラーレスカメラなどデジカメ派向け

SDカードからスマホへ!Wi-Fi付きSDカードを使う

今まで、デジカメで撮っていた写真はSDカードをPCにつないでからでないと保存やスマホへの転送ができませんでしたよね。しかしここ数年で、SDカードを取り出しそれをPCへ差し込まずとも、Wi-Fi経由でデータを転送できるSDカードが発売され始めました。

SDカードをカメラに入れたままWi-Fi経由でスマホやタブレットへ写真データを送れるのです。スマホ・タブレットで専用のアプリを取っておけば、カメラで撮った後すぐに取り込めます。ということは一眼レフで撮った高画質な写真を「即SNSでシェア」なんてことも可能に!

写真を選んで取り込めるタイプのものもあれば、すべて一挙に取り込めるタイプのものもあります。撮り過ぎて後で整理をするのが面倒くさいという人は送る時点で選べるタイプ、先に全部取り込んでしまいたいという人は一挙に送れるタイプを選ぶといいでしょう。

写真整理のはじめの一歩を踏み出そう!

PCを持ち運ばなくても簡単に写真のバックアップを取る方法をご紹介しました。どのやり方も写真を撮った直後に保存できるので安心ですね!

また、たとえば一眼レフで撮ったものをWi-Fi SDカードでスマホに転送し、それをオンラインストレージサービスでネット上に保存する、といった二重三重のバックアップをすることもできます。

当記事でご紹介したハウツーを参考に、写真整理のはじめの一歩を踏み出し、写真整理が追いつかない状態から抜け出しましょう!お気に入りの写真を集めて自分や家族だけのオリジナルアルバムを作る余裕もきっとでてくるはず!

(image by amanaimages 1 2)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。