\ フォローしてね /

そのスタッドレスタイヤ危ないかも!?手持ちのスタッドレスタイヤを交換する前に確認したい3つのポイント

秋も深まり、肌寒くなってきた今日この頃。北海道ではすでに雪も降っております。そろそろクルマのタイヤをスタッドレスタイヤに交換しようかな・・・、と考える人も出てくる頃ですよね。

倉庫にしまってあるタイヤをクルマに積んで整備工場へ・・・。その前に、付け替えをするつもりのそのタイヤ、安全に使える状態でしょうか?

確認しておきたい3つのポイント

ポイント1:残り溝

意外に忘れがちなのが残り溝です。溝が少ない状態ではたとえスタッドレスタイヤに交換しても本来の性能は発揮出来ず、大きな事故につながってしまう場合があります。

通常、サマータイヤには「スリップサイン」という、タイヤの溝を少し浅くしてある部分があり、その部分とタイヤの溝の山の部分が繋がるとタイヤの使用限界を表すようになっています。

スタッドレスタイヤにはそのスリップサインのほかに、「プラットホーム」というもう一つ溝が浅く作ってある部分があります。その部分が溝の山と繋がっている状態になると、スタッドレスタイヤとしての性能が限界に来ていることを表しています。そのため、スタッドレスタイヤとしての性能が発揮できないので使用することはおすすめできません。

意外と溝が残っているように見えても潔く諦めて新しいスタッドレスタイヤをご購入されることをおすすめします。

ブリヂストン タイヤセーフティーレポート:『スタッドレスタイヤの「プラットホーム」って何?』
プラットホームの出ているスタッドレスタイヤはスタッドレスタイヤとしての性能は期待できない。溝のチェックを!

ポイント2:製造年数とタイヤの硬化

タイヤもゴムで出来ているため、年数が経つと劣化してゴムが硬化してきます。スタッドレスタイヤは柔らかいゴムの山が倒れることで設置する表面積を増やし、抵抗を作ることで冬の道路でも安定した走行ができるように作られています。ゴムが硬くなってしまうとその効果もなくなってしまうのでチェックが必要です。

その硬さについては保管状況や使用状況によって変化するので、一概には言えませんが、目安として購入して4年目以降のスタッドレスタイヤは注意が必要な場合が多いです。タイヤの製造年数はタイヤの側面に記載がありますので参考にするのもいいでしょう。

もし心配であれば、カー用品店やタイヤ専門店にはタイヤの硬さを測る「硬度計」という測定器が用意されています。確認をしてから交換することをお勧めします。

硬くなったスタッドレスタイヤは性能が期待できない。お店の硬度計でチェック!

ポイント3:タイヤのひび割れ

ポイント2でお話ししたゴムの硬化が進行すると、ひび割れにつながってきます。溝の部分や、タイヤの側面にひび割れがあったら要注意!

大きなひび割れになってくると、割れている部分から水分が侵入し、タイヤの骨格を作っているワイヤーが水分で錆びてしまう場合があります。ワイヤーが錆びるとタイヤの空気圧に耐えれなくなってタイヤが破裂してしまう場合があります。

少しのひび割れなら継続して使うことも出来ますので、判断に困ったらプロの目で見てもらうほうが確実かと思います。ひび割れのチェックと同時にタイヤに大きな傷がないか、何かが刺さってパンクしていないかも確認しておくと良いでしょう。

日本自動車タイヤ協会(JATMA)発行 タイヤ安全ニュースNo.72『タイヤのクラック(ヒビ割れ)ここまで来たら要注意』
タイヤのひび割れはまだ使える物、使えない状態の物があるので迷ったらプロに判断してもらおう!

安心してクルマに乗るために

以上3点のチェックポイントですが、すべてクリアしているから絶対に安全!というわけではありません。いくら装備が万全でもまずは安全運転を心がける事が一番大事です。

冬のドライブでは「急」のつく操作、急加速、急ブレーキ、急ハンドルを避け、心にゆとりを持って運転しましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。