1. 料理
    2. 「我が家の究極の食パン」はまるでパウンドケーキのような仕上がり!

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「我が家の究極の食パン」はまるでパウンドケーキのような仕上がり!

    子育て中で忙しいですが、丁寧にパンを焼いてみました。その名も、「我が家の究極の食パン」!

    クリスマスのドイツスイーツ・シュトーレンで使うような材料を食パンに応用しました。まるでフルーツ入りのパウンドケーキみたいな、豪華な食パンです。

    膨らみがゆっくりではあるものの、ドライフルーツたっぷりで甘くておいしいですよ。ポーリッシュ種を使う(水種法)ので時間はかかりますが、ホームベーカリーでこねれば手間もあまりかかりませんよ。

    材料

    ポーリッシュ種用

    • 強力粉…125g
    • 牛乳…125ml
    • インスタントドライイースト(耐糖性)…3g

    本ごね用

    • (A)レーズン…50g
    • (A)クランベリー…50g
    • (A)水…60g
    • 強力粉…125g
    • チョコレートチップ…40g
    • 卵…1個
    • 無塩バター…50g
    • きび砂糖…20g
    • 塩…1g

    道具

    • ホームベーカリー
    ポーリッシュ製法で作ります。時間は長くかかりますが、生地が柔らかくなります。

    作り方(調理時間:5時間程度)

    STEP1:ポーリッシュ種を作る

    ポーリッシュ種の材料をボウルに入れておきます。このまま3時間程度置いておきます。

    また、このSTEPで本ごね用の(A)の材料を一緒にしておき、ドライフルーツをもどしておきます。

    ポーリッシュ種は、夏の場合冷蔵庫に入れておくのをおすすめします。 

    STEP2:ホームベーカリーでこねる

    ホームベーカリーに入れて材料を混ぜます。「パン生地コース」、「レーズンあり」にし、途中でドライフルーツを入れます。

    STEP3:生地を型に入れる

    食パン型にクッキングシートを敷きます。

    ホームベーカリーでできた生地を流し入れます。

    生地は柔らかいので、そのまま流し入れています。

    STEP4:発酵する

    オーブンレンジで発酵させます。35度で45~60分。生地が型の8分目になるまで温めます。

    STEP5:仕上げ

    生地がふくらんだら取り出します。オーブンレンジは180度に予熱をかけておきます。

    予熱中、上にクープを1本入れて分量外の強力粉を茶こしでふりかけます。

    STEP6:焼成する

    180度のオーブンレンジで30分加熱したら完成!

    STEP7:完成!

    ドライフルーツ、チョコチップの入った「究極の食パン」ができました!

    スライスするときは、冷ましてから切り分けます。

    作り方のコツ・注意点

    コツは、ポーリッシュ種を使うことと、耐糖性のインスタントドライイーストを使うこと。膨らみはあまりよくないので、型の8分目になるまで気長に待ちましょう!

    まるでスイーツのような贅沢なパンは、おやつみたいに食べることができます。ドライフルーツはほかのものでも使えるので、家にあるドライフルーツで作ってみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人