1. 料理
    2. ユーグレナで作る、子どもも喜ぶお好み焼きレシピ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ユーグレナで作る、子どもも喜ぶお好み焼きレシピ

    健康食品のユーグレナを飲み始めました。そんなユーグレナの緑汁を使って、子どもも好きなお好み焼きを作りました。これなら子どもも喜んで食べてくれます。

    ここでは、「ユーグレナのお好み焼き」の作り方をご紹介します。

    材料(1人分)

    • 小麦粉…50g
    • 水…60g
    • 卵…1個
    • キャベツ(千切り)…1/8玉
    • 豚肉…3切れほど
    • あおさ…大さじ1
    • さくらえび…大さじ1
    • ユーグレナ緑汁…スティック2本(3.5g)
    • お好み焼きソース、マヨネーズ…適宜

    ユーグレナの緑汁は、スティックになっているものです。今回は、1枚あたり2本使いました。最初は1本からでもいいかもしれません。

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:生地を作る

    小麦粉、水、卵、あおさ、さくらえび、ユーグレナ緑汁を入れてよく混ぜます。

    混ざったら、キャベツの千切りを加えて混ぜ込みます。

    STEP2:生地を焼く

    分量外のごま油を敷いたフライパンにSTEP1の生地を流し入れます。上に豚肉を乗せます。中火で5分加熱してきつね色になったら裏返します。

    STEP3:裏返して焼く

    裏返して、さらに加熱します。

    裏返したらフタをして、弱火にして5分蒸し焼きにします。

    弱火で加熱するのがポイントです。中までふっくら火が通ります。

    STEP4:中心まで火を通す

    半分に切ってみて、中まで火が通っているようならOKです。お皿に盛りつけましょう。

    STEP5:完成!

    ユーグレナ入りのお好み焼きができました!お好み焼きソース、マヨネーズをかけていただきます。

    作り方のコツ

    ユーグレナの緑汁は、味は昆布茶のようです。そのためお好み焼きに混ぜても全然違和感はありません。お好み焼きソース、マヨネーズで食べると普通のお好み焼きかと思うほどです。

    ただ、最初は抵抗がある人もいるかもしれないので、1枚あたり1本から試してみるといいかもしれません。

    混ぜるだけで栄養が摂れて子どもにも親にも嬉しいごはん。子どもも驚く緑色の鮮やかなお好み焼きです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人