1. 料理
    2. 身体があたたまる山梨の家庭料理「おつけだんご」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    身体があたたまる山梨の家庭料理「おつけだんご」の作り方

    小麦粉で作った団子と旬の野菜をたっぷり入れた、山梨県の家庭料理「おつけだんご」。B-1グランプリに出店されたこともあり、一躍有名になりました。

    塩味や、醤油、味噌など様々な味付けがあるそうですが、ここでは味噌味のレシピをご紹介します。

    地元の方に愛される優しい味のおつゆで、身体があたたまります。これからの季節にぴったりなので、山梨県外の方も作ってみては?

    材料(4〜6人分)

    • 人参:100g
    • 大根:100g
    • さつまいも:100g
    • ごぼう:50g
    • 長ネギ:50g
    • 干しいたけ:50g
    • 小麦粉:60g
    • 水(だんご用):大さじ3
    • 水(汁用):800cc
    • 本だし:10g
    • 味噌:大さじ1

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:野菜を切る

    干しいたけを汁用の水で戻し、石突きを取り除いて2mm幅に薄切りにします。

    大根はいちょう切り、人参とさつまいもは皮を剥いてひと口大の乱切り、長ネギとごぼうは小口切りにしましょう。

    さつまいもとごぼうは、切ったら分量外の水にさらし、アク抜きをしておきます。

    STEP2:煮る

    先ほど椎茸を戻した汁用の水800ccを鍋に入れ、切った野菜をすべて投入してから中火にかけます。

    本だしを加え、フタをして10分ほど煮ていきます。

    STEP3:だんごのタネを作る

    小麦粉にだんご用の水を少しずつ加えながら混ぜ、耳たぶくらいの硬さにします。

    水の量は様子を見ながら調節してください。

    STEP4:だんごを入れる

    煮立っている鍋に、だんごを2〜3cmくらいの大きさにつまんで落としていきます。

    すべて投入したら、フタをしてさらに5分ほど煮込みます。

    STEP5:完成!

    だんごが浮いてきたら火を止め、味噌を溶き入れて完成です。

    作り方のコツ

    たくさんの種類の旬の野菜を入れることで、甘みが溶け出し美味しさがアップします。根菜は必ず水から煮ましょう。

    だんごのプリプリ食感と、出汁が効いた美味しい1杯です。ぜひ作ってみてください!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人