\ フォローしてね /

ホテルの朝食にも負けない!「究極のオムレツ」レシピ

おうちでの朝食や、ちょっとしたおかずにと、出番の多いオムレツ。しかし、なかなかホテルで出てくるようなあの「ふわっふわ」「とろっとろ」のオムレツに近づけるのって難しいですよね。

しかし、手間はかかるものの、おうちでも究極のオムレツを作ることができるんです!フワッフワの食感プラス、モチモチな弾力も楽しめるこのオムレツ、これどうやって作ったの!?と聞かれること間違いなし!

一度食べたらやみつきの究極のオムレツ、ぜひ作ってみませんか?

材料(1人分)

  • 卵:M3個
  • 山芋すりおろし:50g
  • 牛乳:大さじ1
  • 塩:1つまみ
  • 砂糖:小さじ1

作り方(調理時間:20分)

STEP1:卵を分けて溶きほぐす

ボウルを2つ用意し、卵を卵黄と卵白に分けてそれぞれ割り入れます。

卵黄は箸でサッと滑らかになるまで溶きます。卵白は、泡立て器を使って5分間混ぜ続けましょう。

ボウルを斜めにして空気を入れるように、白くなるまで混ぜます。

STEP2:牛乳と調味料を加える

牛乳を600Wのレンジで20秒ほど温め、塩と砂糖を加えてよく溶かします。

溶けたら卵白の入ったボウルに加え、山芋も入れてまんべんなく混ぜ合わせます。

STEP3:加熱する

オリーブオイル(分量外)を薄く塗ったフライパンを弱火にします。

最初に卵白を入れ、箸でシャカシャカ混ぜながら火を通します。

2〜3分してほんの少し固まってきたら卵黄を投入します。

ふたたび箸でかき混ぜながら全体に卵黄を混ぜます。弱火のままさらに5分ほどゆっくり火を通します。

STEP4:保温する

完全に火が通る前にくるっとオムレツの形に丸め、アルミホイルで包み、5分ほど置いておきます。

STEP5:完成!

粗熱がとれたら完成です。

作り方のコツ

牛乳は温めすぎると吹きこぼれてしまうので注意しましょう。一度調味料を溶かすことで、卵をまんべんなく馴染ませることができます。

少し手間はかかりますが、驚きの食感になります。ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。