1. 料理
    2. クリスマスカラーが映えるマンハッタンクラムチャウダーで上質なおもてなし

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    クリスマスカラーが映えるマンハッタンクラムチャウダーで上質なおもてなし

    一年を通して色々なイベントがありますが、クリスマスはちょっと特別な人と過ごす方が多いのではないでしょうか。

    普段より少し気取ったお店でお食事をするのも良いと思いますが、ちょっと手をかけたお料理で大切な人をおもてなしするのも良いのではないかと思います。

    ここでは、クリスマスカラーの赤と緑が鮮やかな「マンハッタンクラムチャウダー」の作り方をご紹介します。

    材料(4人分)

    • アサリ:300g
    • トマト缶:1缶
    • ベーコン:100g
    • ジャガイモ:1個
    • 玉ねぎ:1/2個
    • ニンジン:1/2個
    • ブロッコリー:1/2本
    • 海老:150g
    • にんにく:1片
    • オリーブオイル:小さじ1
    • 塩:小さじ1/2
    • コショウ:少々
    • ローリエ:2~3枚
    • 白ワイン:50cc
    • ブイヨンキューブ:1個
    • 乾燥パセリ:適宜

    作り方(調理時間:40分)

    STEP1:材料の下ごしらえ

    ジャガイモは皮をむいてさいの目に切って水にさらします。玉ねぎはみじん切りにします。ニンジンは小さめのみじん切りにします。ブロッコリーは小房に分けて水に浸けておきます。

    ベーコンは5mmくらいの短冊切りにします。アサリは砂出しをして殻をこすりあわせるようにして洗います。

    STEP2:アサリを蒸す

    小鍋を中火にかけてアサリと白ワインを入れます。

    すべての貝の口が開いたら火を切ります。

    STEP3:ベーコンを炒める

    別の鍋にベーコンを入れて中火にかけます。軽く焼き目がつくまで1分ほど炒めます。

    STEP4:玉ねぎを炒める

    鍋にオリーブオイルを足して、玉ねぎを炒めます。中火で玉ねぎが透き通るまで2~3分ほど炒めます。

    STEP5:ニンジンを炒める

    鍋にニンジンを足して炒めます。油をからめるように中火で1分ほど炒めます。

    STEP6:トマト缶を入れて煮る

    鍋にトマト缶を入れます。

    STEP2のアサリを蒸した小鍋を金ざるにあけて蒸した汁を鍋に入れます。

    入れるのは蒸した汁で、濾したアサリの身は後で使います。

    水を1カップほど入れて、ローリエを入れます。中火にかけ煮立ってきたら弱火に落とします。弱火にしてから5分ほど煮込みます。

    STEP7:ジャガイモを煮る

    下ごしらえしたジャガイモを水をさっと切って耐熱容器に入れます。600Wで1分ほど電子レンジで加熱します。

    加熱したジャガイモは鍋に入れ、弱火のまま、さらに5分ほど煮込みます。

    STEP8:アサリを入れる

    STEP6で残しておいたアサリの身を殻から外します。

    外したアサリの身を鍋に入れます。弱火にかけたまま次のSTEPに進みます。

    STEP9~10の間で、さらに5分くらい火を通すことになります。

    STEP9:ブロッコリーを加熱する

    水に浸けておいたブロッコリーの水をさっと切って耐熱容器に入れます。600Wで1分半ほど電子レンジで加熱します。フタをしたまま3分ほど置いておきます。

    ブロッコリーを電子レンジにかけたら次のSTEPに進みます。

    STEP10:海老を炒める

    フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱めの中火にかけてにんにくの香りをオリーブオイルに移します。

    海老を入れて軽く塩・胡椒します。海老の両面に焼き目をつけるように弱めの中火で焼きます。中まで火が通るように1~2分ほど焼きます。

    STEP11:完成!

    STEP8のスープをお皿に盛り付けます。STEP9のブロッコリーとSTEP10の海老を飾り付けます。乾燥パセリを散らしてできあがりです。

    作り方のコツ

    火を通しすぎると固くなってしまう海老と、色が悪くなってしまうブロッコリーは、スープとは別に火を通してトッピングします。そうすることで、できあがりの色合いがきれいになります。

    おわりに

    材料に火を通すタイミングを少しずつずらすことで、彩りや食感がアップします。少々、手間はかかりますが、とても美味しいのでぜひ試してみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人