\ フォローしてね /

脱・「お手軽餃子の皮ピザ」!本格ピッツァを餃子の皮で作る方法

「餃子の皮ピザ」といえば、おつまみやパーティー料理の定番。餃子の皮にお好みの具材を乗せて焼くだけでお手軽にピザが作れるんです。

しかし、お手軽だからこそ「ちょっと味が安っぽい…」「皮が薄いからおやつみたい…」なんて感想を抱く方も多いのでは?

餃子の皮でも、本格ピッツァは作れるんです!ピザソースや具材にこだわれば、手軽ですぐ作れるのに、味は本格的なピザが完成します。

ここでは、マルゲリータとハワイアンピザを餃子の皮で作ってみました。市販のソースを使わないので、一見難しく見えますが、大丈夫。実は簡単ですよ。それでは早速、レシピをご紹介します!

材料(各10~15枚分)

マルゲリータ材料

  • 餃子の皮:10~15枚
  • モッツァレラチーズ:100g
  • バジルの葉:8枚

トマトソース材料

  • トマト水煮缶:1缶
  • にんにく:2片
  • オリーブオイル:小2
  • 塩:小1/3

ハワイアンピッツァ材料

  • 餃子の皮:10~15枚
  • とろけるチーズ:80g
  • パイナップル:150g
  • スライスハム:4枚

作り方(調理時間:25分)

STEP1:トマトソースを作る

鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、みじん切りにしたにんにくを入れて香りが立つまで炒めたら、トマト水煮を入れます。

塩で調味し、トマトをほぐしながら半分くらいの量になるまで煮詰めます。

STEP2:具材を切る

モッツアレラチーズ、バジルの葉、パイナップル、ハムをみじん切りにします。

STEP3:マルゲリータの具をのせる

餃子の皮にトマトソースを薄くのばしてしき、上にモッツアレラチーズとバジルの葉をちらします。

STEP4:ハワイアンピッツァの具をのせる

餃子の皮にとろけるチーズをしき、上にパイナップルとハムをちらします。

STEP5:オーブントースターで焼く

オーブントースター650Wで5分程度焼きます。

チーズが溶けて、餃子の皮が薄く色づいたくらいで焼きあがりです。

STEP6:完成!

お皿に取り出して出来上がりです。

火傷に注意してください。フライ返しを使うと取りやすいです。

作り方のコツ

オーブントースターの火力が強い場合は、下にアルミホイルを敷いて焼くと餃子の皮が焦げ付きにくくなります。

今回は本格ピザなのでトマトソースは手作りしましたが、もちろん市販のピザソースで手抜きしても大丈夫。じゅうぶんおいしい餃子の皮ピザになりますよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。