\ フォローしてね /

ワインと相性抜群レシピ! チキンの絶品オレンジソース煮の作り方

フルーティーなワインによく合う、爽やかでスイートなチキンソテーです。

フライパンで鶏を焼いてソースをからめるだけのカンタンメニューですが、オレンジとケッパーの風味が印象的で、まるで丁寧に作りこんだ料理のような美味しさが楽しめます。

盛り付けかた次第で、にぎやかな友人とのワインパーティーから、恋人とのディナーまで使える便利なメニューです。

材料(2人分)

  • 鶏もも肉… 1枚(300gくらい)
  • 塩、こしょう… 適量
  • 小麦粉… 適量
  • バター… 大さじ2
  • オリーブオイル… 大さじ1
  • (A)オレンジの絞り汁… 大さじ3
  • (A)白ワイン… 60cc
  • (A)しょうゆ… 小さじ1
  • (A)ケッパー… 大さじ2
  • スライスしたオレンジ… 6枚
  • パセリ(みじん切り)… 大さじ3

チキンの絶品オレンジソース煮の作り方(調理時間:30分)

STEP1:オレンジとパセリを切る

皮をむいたオレンジは半分に切ってスライスします。パセリはみじん切りにします。

STEP2:オレンジソース用の調味料を合わせておく

ボウルに(A)の材料をよく混ぜておきます。

STEP3:鶏肉を切る

鶏もも肉を半分に切って塩、こしょうを振り、しっかりと下味をつけます。全体に小麦粉をまぶし、余分な粉をはたき落とします。

STEP4:鶏肉を焼く

フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、鶏肉を皮のほうを下にして入れます。中火で2分ほど焼いたら裏返し、さらに2分焼き、こんがりとした焼き目をつけます。

STEP5:ソースで煮込む

いったん火を止めてSTEP2の合わせ調味料を入れ、鶏肉に味をなじませます。バターを入れて溶かしながら、中火で3~5分ほど加熱してソースがとろりとするくらいに煮詰めます。

STEP6:完成!

スライスしたオレンジを加え、刻みパセリを振りかけたら出来上がりです。お皿に盛り付けるときは、ソースをたっぷりかけてどうぞ。

オレンジやワインは使うものによって甘さや酸味に差があるので、ソースは最後に味見をして塩、こしょう、はちみつなどで調整してください。

おわりに

アメリカではオレンジではなく「マイヤーレモン」というみかんとレモンの中間のような品種のフルーツを使いますが、日本では手に入りにくいのでオレンジを使いました。時期によっては柚子や夏みかん、ポンカンなどでアレンジしても良いでしょう。

また、お酒はボジョレー・ヌーボーに代表されるような軽めの赤、ロゼ、白などのワインがおすすめです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。