\ フォローしてね /

料理を失敗したときに味をごまかす方法

がーーーん・・・失敗した・・・

料理。誰でも最初から上手にできるわけではありません。何度も何度もトライしていくうちに「あ、これにこれを入れるとおいしいな」とか「調味料はこれぐらいの量が丁度いいんだな」というのが分かってきます。

しかも多少失敗したからと言って料理を捨てるのはもったいない。今回は失敗したときに何とかごまかす(食べられるようにする)ための方法をご紹介します。

塩っ辛すぎた場合

「すっごいからい!」という場合は水を足してムリヤリにでも煮物系にするか、食材を足しましょう。(例えば野菜炒めが塩っ辛すぎた場合は野菜の量を増やすか、御飯を入れちゃいましょう!)

味が薄い?味がない?という場合

「なんかまずい!」という多くの場合は塩が足りないことがあります。味が薄いかな、とか、味がないな〜と思ったときは塩を足す、が基本です。

ジャンル別ごまかし方

和食、洋食、中華。このジャンルの料理を失敗した場合、以下の方法でだーいぶごまかされます。先に「基本」を試してみてください。それができないような料理の場合はそれぞれの「応用」を試してみてくださいね。

和食を失敗したときのごまかし方

  • (基本)削りカツオを入れて一煮立ちさせる
  • (応用)粒状ダシを入れて一煮立ちさせる

洋食を失敗したときのごまかし方

  • (基本)バターを入れてサッと炒める
  • (応用)コンソメを入れて火を通す
  • (応用)マヨネーズをつける

中華を失敗したときのごまかし方

  • (基本)ごま油をたらす
  • (応用)マヨネーズをつける

(Photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。