\ フォローしてね /

親戚から知り合いの子まで、年代別お年玉の相場を徹底解説!

子どものお正月の楽しみといえば、お年玉。毎年もらえる額を頭のなかで計算しては、おもちゃを買いに行くのを楽しみにしていたものですよね。

しかし、お年玉をあげる側になってみると意外と困るもの。「どれくらいあげたらいいんだろう?」とか「そもそも、あげたほうがいいんだろうか?」と悩むこともあるのではないでしょうか。他の家庭ではどれぐらいあげているのだろうとか、周りのことも気になります。

今回は、一般的なお年玉の相場と、「この子にお年玉あげるかあげないか問題」「あげるとしたら何円なのか問題」に対する答えをまとめてみました。

一般的なお年玉の相場

幼稚園〜高校生までのお年玉の相場

みんなどれくらいお年玉をあげているのでしょうか?一般的な相場は以下のようなものだといわれています。

子どもの年齢 金額
幼稚園以下 2,000円前後
小学生(低学年) 3,000円前後
小学生(高学年) 4,000円前後
中学生 5,000円前後
高校生 7,000円前後

特に小学生から中学生にかけては年齢差を強く意識する年齢です。ちゃんを差をつけてあげたほうが納得感があるのではないでしょうか。

その他 お年玉の金額の計算方法

もしくは、以下の計算式で、年齢にふさわしいお年玉の金額を出すこともできます。

  • 「年齢÷2×1000円」(あげる相手の年齢×500円)

多くの家庭で採用されているのがこの計算式らしいので、これを使用するのが一番無難といえるかもしれません。

赤ちゃんにはお年玉をあげる?

お年玉を渡すときに悩むのが、赤ちゃんにはあげるか?あげないのか?ということではないでしょうか。「あげたほうがいい」という人も「あげなくてもいい」という人もいますが、ここで両者の意見を見ていきましょう。

あげない派の意見

主人側にはうちの子より1年早い甥っ子がいるのですが、義母とも相談し、そちらには去年(甥っ子1才)は渡しませんでした。まだお年玉の意味が分からないだろうから…と。(引用:発言小町 「赤ちゃんにお年玉 普通ですか???駄」

あげなくていい派の意見はこれにつきます。赤ちゃんはお金の価値がわからないのだから、あげても意味が無い、というものです。確かに、赤ちゃんはお金を使いたいという気持ちや必要がないので、あげなくても赤ちゃんが嫌な思いをすることはないですよね。

あげる派の意見

もちろん、赤ちゃんがお金を使うはずはないし、親のためにあげる、という感じですよ。
「ママに絵本でも買ってもらってね」と赤ちゃんに言いながら渡しましたね。(引用:発言小町 「赤ちゃんにお年玉 普通ですか???駄」

もらって当然とは思っていないんですが、私自身小さい子供の頃からいただいていますし、社会人になってからは親戚の赤ちゃんにあげてきましたので、赤ちゃんにお年玉は普通だと思います。(引用:発言小町 「赤ちゃんにお年玉 普通ですか???駄」

赤ちゃんではなく親のためにあげる、というのがあげたほうがいい派の意見。養育費の足しになれば、という感じでしょうか。

もう1つ多かった意見は「自分が(もしくは自分の子供が)もらってきたからあげる」というものでした。あたり前のこととして受け入れている人も多いようです。

赤ちゃんへのお年玉はどうすればいいのか?

赤ちゃんへのお年玉について、基本的な態度としては以下のようになるのではと思われます。

  • あげたい人はあげる
  • 自分の子がもらった場合はあげる方がよい

まず、あげたかったらあげる、というもの。自分の孫などに対してはどうしてもあげたいという場合もあるでしょう。しかしあげる場合も注意が必要。「赤ちゃんのうちはお年玉は貰わないだろう」と思っている人もいるので、その場合相手の精神的な負担になってしまうからです。なにかモノを買ってあげるか、「これでお菓子でも買ってね」と一言添えて親に渡すのがベターです。

また、自分の赤ちゃんにもらっていて、相手が赤ちゃんがいる場合にはあげたほうがいいでしょう。「自分はあげたのにくれなかった」と思われることもままあります。

赤ちゃんへのお年玉の金額の相場は500円〜1000円だそうです。しかし、親に預ける場合は「赤ちゃんではなく親にあげる」という意味あいも強いので10,000円程度渡す人もいます。もらったからお返しに、という人は相手の金額と同じ分だけ渡すのが平和なのではないでしょうか。

大学生にはお年玉をあげる?

大学生の場合もあげるかあげないか微妙ですよね。こちらもあげない派、あげる派の意見をまとめてみました。

あげる派

大学生や専門学校生など違いはあっても学生の間はあげています。(引用:発言小町「大学生にもお年玉はあげるべきですか?」

学生は、仕送りだけではキツイから、アルバイトするひとも多いでしょう。(引用:発言小町「大学生にもお年玉はあげるべきですか?」

「学生だから」「アルバイトだけではきついだろうから」という学生の立場に同情的な意見が多いようです。

あげない派

伯父伯母からは高校生までもらってたような気がします。大学生ならバイトで普通稼ぎますからね。(引用:発言小町「大学生にもお年玉はあげるべきですか?」

大学生は大人なので お年玉は必要ありません
子ども扱いして侮辱ととられるかも?
お年玉ではなく 学費や生活費の援助として渡した方が良いでしょう。(引用:教えて!goo「大学生の甥っ子には、お年玉は必要無いですか?」

大学生になったら大人!と区切りをつけて、すっぱりあげなくなる人達もいるようです。または「成人したらお年玉はなし」と決めている場合も。

大学生へのお年玉はどうすればいいのか?

大学生の場合は基本的には、

  • あげると決めたらあげる、あげないと決めたらあげない

で大丈夫だと思われます。大学生に渡す場合は、基本的には親ではなく本人に直接渡す場合が多いのではないでしょうか。「あっちからもらったからこっちも返さないと」的な変な気遣いもあまりないと思われるので、好きにすればいいでしょう。

大学生へのお年玉の相場は10,000円程度だそうです。

ただし、「親の見ている前で子どもに渡してきた」等の場合は、くれた側の子にもお返しをしたほうがいいと思われます。

その他、何円ぐらいがいいのかよくわからない人たちの相場まとめ

お正月って「友達の子」とか「知り合いの子」とかにもたま〜に会ったりしますよね。進んでお年玉をあげる人も少ないと思いますが、あげなければいけなくなった場合のため相場を載せておきます。

子どもの年齢 金額
近所の知り合いの子ども 友人の子供
小学校入学前・ 幼稚園 2,000円 1,000円〜3,000円
小学生(低学年) 2,000円 3,000円
小学生(高学年) 3,000円〜5,000円 3,000円〜5,000円
中学生 3,000円〜5,000円 ¥3,000〜5,000
高校生 5,000円 5,000円

付き合いでお金が必要な場合もある

子どものころは無邪気に嬉しがっていたお年玉。しかし、大人は裏でいろいろ大変なんですよね。「渡す必要はないだろう」と思っていても渡さなければいけない場合もあります。付き合いだと思って、何より子どものためだと思って渡してあげてください。

(image by 写真AC)
(image by amanaimages1 2 3 4)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。