\ フォローしてね /

大掃除へのやる気を高めたいアナタにおすすめの掃除用品10選

日々の手入れが大事だとわかっていて定期的にやろうと思っても、なかなか手に付かないのが掃除ですよね。大晦日の年末の大掃除はもちろんですが、できれば3ヶ月に1回、ないし半年に1回くらいはがっつり掃除したい、と考えている人も多いと思います。

「時間はある。あとはやる気だけだ!」という人は、まず掃除グッズを見て清掃への気合いを高めてみてはいかがでしょうか。

今回は部屋掃除のとき・水回りの掃除のときとシチュエーションを分けて、掃除グッズを紹介します。

部屋掃除のとき使いたい掃除用具

激落ちクロス マイクロファイバー

「激落ちくん」シリーズの、洗剤を使わずに汚れを落とす高機能の布巾です。超極細繊維がホコリや頑固な汚れをすっきり落とし、水滴も素早く拭き取ることができるすぐれものです。

たまったホコリを一掃したい大掃除などでは用意しておきたいですね。

ふとん専用ダニクリーン

掃除機に取り付けて使う、ふとん掃除用のヘッドです。ふとんや毛布、シーツなどの用途に合わせて4段階の吸引力の強さを調節することができます。

吸引力に加えてエチケットブラシも付いていることから、ふとんの中のダニやホコリだけでなく髪の毛やペットの毛などもしっかり取ることができます。大掃除のときには一緒にふとんも掃除しちゃいましょう!

レック セスキ の 激落ちくんシート フローリング 用

重曹よりも肌に優しい、セスキを使った激落ちくんシリーズのシートです。掃除機だけでは取ることができない皮脂汚れなどを、アルカリ性の力ですっきりと落としてくれます。

洗剤を使わずに汚れを落とすので、子どもやペットがいる家でも安心して使うことができます。その他にも、手荒れが気になる人は使ってみましょう!

ガラスマジックリン ハンディスプレー

バスマジックリンなど、掃除用品に定評のある花王が出すガラス掃除用品です。これを窓やガラス、鏡など透明感を出したいものに吹きかけて磨けばひどい汚れも落ち、一点の曇りのないピカピカの鏡が戻ってくるでしょう。

使う際にはゴム手袋などを着用し、液が手につかないようにしましょう。

アズマ 『網戸掃除専用スポンジ』 あみ戸スカット

清掃用具専門メーカーであるアズマが出した網戸専用のスポンジです。ふわふわのマイクロファイバーのスポンジが網戸の網目に入り込み、洗剤なしで網戸の汚れを落とすことができます。

洗って繰り返し使うことでき、エコが大切なこの頃にもピッタリです。

水回りの掃除で使いたい掃除用具

折りたためるバケツ

折りたたむことで、ほぼ完全にぺたんこになるバケツです。使わないときに無駄に場所をとって邪魔になることもなく、折りたたんだ状態では壁のフックなどにかけることもできます。

掃除だけでなく、アウトドアに持っていく際にもかさばらないので便利ですね。

お願いだからほっといて 流し台・排水管用

まるで主婦の悲痛な叫びを商品名にした、排水管のつまりや、流し台の汚れ、三角コーナーのぬめりや油汚れなどを落としてくれる洗剤です。

これらの汚れを分解する有機微生物の酵素を使っているので、子どもがいる家でも安心して使うことができます。特に臭いが気になるという人は使ってみましょう。

ウタマロクリーナー

どんな洗濯物の汚れも落とすと評判の、ウタマロ石鹸のマルチクリーナーが出ました。ウタマロ石鹸のウリである汚れ落としの強さはそのままに、手荒れしないよう中性洗剤であることに重きをおいて作られたので、素手のまま使うことができます。

ツンとした香りではなく優しいハーブの香りなので、水回りの掃除はこれ1本ですべてまかなえてしまう優れものです。

ダスキン台所用スポンジ

清掃用具専門のダスキンが出す、台所用のスポンジです。少し大きめに作られているので手が届きにくいところまでスポンジが入って行ってくれます。

泡切れ、水切れが良くとても衛生的に使うことができ、長持ちすると評判です。大掃除などの水回りをガッツリ掃除したいときなどには、なかなかへこたれないこのスポンジを使ってみては?

レック 塗りやすい くもり止め

鏡に塗ることで曇り止めの役割を果たしてくれるものです。曇り止めを塗ることで水の層をあらかじめ鏡の表面に作り、曇るのを防いでくれます。

掃除でせっかく鏡をぴかぴかに磨いても、入浴などの際に湯気で曇ってしまってはきれいにした意味がなくなってしまいますよね。これを使って鏡の本来の役割を果たせるようにしましょう!

部屋の綺麗さは心の穏やかさを示す

掃除をせずに汚い場所で過ごしていると衛生的な面だけでなく、汚さに引きずられて生活のリズムや心の状態も徐々に乱れていってしまいます。

自分や家族の健康、生活環境のためだけでなく、心のリフレッシュも兼ねて掃除は定期的に行うようにしましょう。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。