\ フォローしてね /

水回りの大掃除はクエン酸1つで洗剤要らず!正しい使い方と活用ポイント

大掃除のシーズンが近づいてきましたね。普段手を付けていない部分の掃除は、強力な洗剤とおそうじグッズを買い込まないと無理……と思っていませんか?

重曹とクエン酸があれば、家庭内のたいがいの汚れは落とせるんです!どちらも食用としても使われるものなので、お子さんやペットが床や壁を舐めてしまっても安心なのが嬉しいポイント。

クエン酸を使った大掃除のコツをまとめました。

クエン酸を大掃除に活用するポイント

クエン酸で落とせる汚れとは

家庭でのお掃除の強い味方、重曹とクエン酸ですがその使いワケがよく分からない……という方もいらっしゃるかもしれません。簡単に解説します。

家庭内の汚れは、その殆どが酸性とアルカリ性のどちらかの汚れに分類されます。汚れを落とすためには、逆の性質のものを用いて汚れを中性にするのがポイント。

  • 重曹…アルカリ性のため、酸性の汚れ(キッチンの油汚れなど)に強い。
  • クエン酸…酸性のため、アルカリ性の汚れ(水垢など)に強い。

「酸性」「アルカリ性」というと難しく聞こえますが、家庭内の場所それぞれにどちらが向いているかを覚えるのはそう難しくありません。具体的な場所と掃除のやり方とともに紹介していきます。

クエン酸での掃除に向いている場所

クエン酸が得意なのは、アルカリ性の汚れです。アルカリ性の汚れの代表的な場としては、水道水のカルキで白くなるカルキ汚れや水垢のつきやすい洗面所やお風呂場、トイレの尿汚れなど水回りになります。

また、クエン酸には消臭効果もあるのでタバコの臭いが染み付いてしまったカーテンやカーペットにかけても効果がありますよ。

塩素系漂白剤と一緒に使うのは危険

とても便利なクエン酸ですが、塩素系の漂白剤と一緒に使うのはNGです。酸性のものと混ざると有毒な塩素ガスが発生してしまうので危険です。

「混ぜるな危険」と書いてある製品や塩素系の液体と決して混ぜないでください。見落とすこともあるので、忘れないようにしてくださいね。

お風呂場の鏡のうろこ汚れ

シャワーの水滴がかかりやすいお風呂場の鏡は、うろこ状の白い汚れがびっしり付いてしまうことも。

100ccの水に対して小さじ1杯のクエン酸を溶かしたものをキッチンペーパーに染み込ませて、鏡に貼り付けましょう。その上からラップで覆うとさらに効果的です。2~3時間経ったら様子を見て、汚れが浮いてきているようならOK。スポンジなどで擦って落として、シャワーで洗い流します。

専用の研磨剤も販売されていますが、一時的には綺麗になっても無理やり削ると鏡に傷がついてしまうので結局また新たな汚れがつきやすくなってしまいます。いきなりゴシゴシ擦る前にまずはクエン酸を試してみましょう。

お風呂の掃除

お風呂の椅子や洗面器など、いつの間にか水垢がついていますね。椅子の裏側をひっくり返すと汚くてびっくりすることも。

クエン酸スプレーをかけてしばらく置いておいてから洗い流すと綺麗になりますが、量が多いときはお風呂の残り湯にクエン酸を入れて、お風呂グッズを漬け置きしましょう。

蛇口汚れに

水道の蛇口のステンレス、気が付くと曇っていたり白いカルキ汚れがついてしまいますね。クエン酸スプレーをかけてからスポンジで擦ると、スッキリ綺麗になります。

ここ1年全く蛇口の掃除をしていなかった……というケースではそれだけでは落ちないと思いますので、クエン酸湿布をするかクエン酸を少量の水で溶いたものをスポンジにつけて擦りましょう。

トイレの掃除

クエン酸は、アンモニアを中和するのが得意です。そのため、トイレの汚れやペットが床に粗相してしまったときなどにも活躍します。トイレの頑固な汚れは、尿に含まれる成分が石化してこびりついてしまったもの。これには「クエン酸湿布」と呼ばれる方法が効果的です。

濃いクエン酸水(100ccに対して大さじ2~3杯)を含ませたトイレットペーパーを汚れが気になる部分の上に置くだけ。

ただし、長時間放置すると今度は汚れのかわりにクエン酸がこびりついてしまいます。5~6時間置いておくのが理想ですが、流し忘れに注意して様子を見ながら行いましょう。

クエン酸には臭い取りの効果もあるので、スプレーボトルに入れて消臭剤がわりにシュシュッと使うこともできますよ。

ポットの洗浄

普段ポットの中なんてじっくり見ないという方も多いかもしれませんが、よく見るとカルキ汚れで白くなっていたり水垢汚れがびっしりついていることも……!大掃除のときにポットの中もスッキリ綺麗にできたら嬉しいですね。

ポットの水垢汚れは、水道水に含まれるカルキや不純物が結晶化したもの。中性洗剤をつけてスポンジで擦ってもなかなか落ちない汚れですが、クエン酸を使うと簡単に綺麗にすることが出来ます。

方法はとても簡単で、ポットの中にクエン酸を大さじ3~4杯程度入れて沸騰させるだけ。そのまま一晩置いておきましょう。一度で落ちなかったら、何度か繰り返してください。

洗浄中は別の場所に移すなどして、家族が間違えて飲んでしまわないように気をつけてくださいね。

他にも、コーヒーメーカーや加湿器のカルキ汚れにも使えますよ。

クエン酸を使いこなそう

クエン酸を掃除に使ったことがない……という方は、使い方がよく分からないからではないでしょうか。市販の洗剤は「お風呂のカビとり」「排水口汚れに」など具体的な用途が書いてあるので分かりやすいですね。

しかし、用途別にいろいろ洗剤を揃えるとなると場所も取りますし、お金もかかってしまいます。クエン酸を使いこなせば、お金もあまりかけずに効果的に大掃除を終えることができます。

クエン酸は安全で値段も安いので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

(image by amanaimages 1 2 3 4 5 6 7 8)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。