\ フォローしてね /

グラタンも北欧風に。スウェーデンの家庭料理「カールソンさんの誘惑」レシピ

「ヤンソンさんの誘惑」はスウェーデンの有名な家庭料理ですが、そのバリエーションで「カールソンさんの誘惑」という料理があることはご存知でしょうか?

その違いは使う食材。ヤンソンさんが、ニシンの一種であるスプラットを使った甘酸っぱいアンチョビ(ansjovis)を入れるのに対し、カールソンさんはひき肉を使います。

最初は、北欧独特のアンチョビがなかなか手に入らないので、代わりに試したカールソンさんバージョンでしたが、試食をした人からは「こっちのほうが好き」と大好評でした。

ストレートな美味しさなので、お子さまやお魚が苦手な方にもおすすめですよ!

材料 (2人分)

  • 玉ねぎ… 1/2個
  • じゃがいも… 3個(200gくらい)
  • 牛ひき肉… 100g
  • バター… 大さじ2
  • パン粉… 大さじ1
  • 塩、こしょう… 適量
  • (A)生クリーム… 200cc
  • (A)オールスパイス… 適量
  • (A)ガーリックパウダー… 適量
  • (A)塩、こしょう… 適量

カールソンさんの誘惑の作り方(調理時間:45分)

STEP1:野菜を切る

玉ねぎは繊維に沿って薄切りに、じゃがいもは皮をむいてマッチ棒くらいに切ります。オーブンは200度に余熱しておきます。

じゃがいもは水にさらさないでください。表面のでんぷん質が流れて、とろみがつきにくくなります。

STEP2:野菜と牛ひき肉を炒める

フライパンでバターを熱し、玉ねぎを中火で3分ほど炒めます。

ほんのり色づいてきたら、牛ひき肉を加えて、さらに2分ほど炒め、塩、こしょうで下味をつけます。

STEP3:耐熱容器に入れる

耐熱容器にバターを塗り、じゃがいもとSTEP2を交互になるように入れます。このとき、一番下と一番上はじゃがいもになるようにしましょう。

STEP4:フィリングを入れる

ボウルに(A)の食材を入れて混ぜ、フィリングを作り、具を詰めた耐熱容器に、静かに注ぎます。表面にパン粉をふりかけ、小さくちぎったバターをちらします。

フィリングはお好みの塩味にしてください。

STEP5:焼いて出来上がり!

200度のオーブンで30分くらい焼きます。表面がこんがりと焼け、じゃがいもがほっこりと柔らかくなったら完成です。

作り方のコツ

オーブンの焼く時間は様子を見ながら調節してください。表面が焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせると良いでしょう。

ぜひ試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。