\ フォローしてね /

パイ生地で簡単フランス風!ワインにもカクテルにも合うおつまみパイレシピ

フランスのおつまみの定番といえば、フイユテ・アペリティフ(feuilletés apéritifs)や、プチ・フール・サレ(petit four salé)と呼ばれるパイ生地で作った塩味の小さなパイです。名前は何だか難しいけれど、作り方は簡単!

1枚のパイ生地から3種類のパイが作ることができます。オシャレなお酒を飲むときはオシャレなおつまみを手作りしてみると、気分も上がってきますよ。

赤ワイン、白ワイン、シャンパン、カクテルなどのお供にピッタリです。年末年始やパーティーのときに手作りしてはいかがでしょうか?

材料(4~5人分)

  • パイ生地:1枚(直径約33cm)
  • ホットドック用ソーセージ:1本
  • とろけるチーズ:大さじ2
  • トマトソース:大さじ2
  • ごま:大さじ1
  • クリームチーズ:20g
ここではタルト用の丸いパイ生地を使っていますが、形にムラが出ず、作りやすい長方形のパイ生地の使用をおすすめします。また、作りやすさを考慮して長くて太さが均一なホットドック用ソーセージを使っていますが、通常のソーセージでも作れます。

作り方(調理時間:40分)

STEP1:パイ生地を4等分する

パイ生地をナイフで十字に切り、4等分します。

長方形のパイ生地を利用している方は、このステップは飛ばして下さい。

STEP2:ソーセージパイを作る

1/4のパイ生地の長い部分にソーセージをのせ、左右のはみ出した部分を切り落とします。ソーセージを乗せた反対側の生地をソーセージと平行に少し切り落とします。

切り落とした三角形の部分を、生地の足りない部分に足し、ソーセージを生地をつなげた部分に置いて巻きつけます。

生地が巻けたら、厚さ1cmくらいに切ります。

ソーセージと生地の間に多少隙間があっても気にせずにそのままにしてください。

STEP3:ごまクリームパイを作る

1/4のパイ生地に、クリームチーズを塗り、上にごまを散らします。

生地を半分に切り、厚さ1.5cmの短冊状に生地を切ります。

すべての生地を、チーズとごまが真ん中にくるように半分に折ります。

生地を少し伸ばしながら、2,3回ねじります。写真は左から1回ねじったもの、2回ねじったもの、3回ねじったものです。お好きな形にねじってください。

STEP4:ピザパイを作る

1/4のパイ生地にナイフで1cm程の長さの筋をつけます。写真のように、隣同士の筋がずれるように切ると見た目が綺麗です。

1/4のパイ生地に、トマトソースを塗り、その上にとろけるチーズをふりかけます。

ソースとチーズを乗せた生地の上に、筋をつけた生地をぴったりかさなるように乗せます。

生地を2cm角の正方形になるように切り分けます。

STEP5:オーブンで焼く

すべてをオーブン用の焼き皿の上にならべ、200度のオーブンで20分焼きます。焼き色が甘いようならば、さらに2,3分焼いてください。

焼き色がついたあとはすぐに焦げてしまうので、追加で加熱する場合はオーブンの前を離れずに焼き色をチェックしてください。

STEP6:完成!

少し冷ましてからお召し上がりください。

作り方のコツ・注意点

前日に白焼きしておいて、当日焼き直して食べることもできます。その場合、オーブンに入れてから生地がふくらみ焼き色がつく前(約15分)に取り出し当日は焼き色をつける(約10分)だけ。忙しいときのおもてなしに便利ですよ。

よかったら試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。