\ フォローしてね /

なんちゃって甜麺醤を使って作る、本格「回鍋肉」レシピ

大人も子供も大好きな中華料理ですが、本格的に作ろうとするとさまざまな調味料が必要ですよね。オイスターソースや豆板醤くらいなら普段から炒めものなどに使えそうですが、他のものではどんな料理に使えばいいのだろうと迷うようなものもあり、買うのに躊躇してしまいます。

甜麺醤(テンメンジャン)もそんな調味料のひとつ。小麦を発酵させて作る甘めの味噌(醤)で、炒めものなどに使われます。この甜麺醤が、ご家庭にある調味料だけでかなり近い味を作ることができるんですよ。

ここでは、ありふれた調味料だけで作る「なんちゃって甜麺醤」と、それを使った回鍋肉の作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • 豚バラ(焼き肉用):250g
  • キャベツ:5~6枚
  • ピーマン:2個
  • 長ねぎ:1本
  • 塩:少々
  • 胡椒:少々
  • サラダ油:大さじ2

合わせ調味料

  • 赤みそ:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1/2
  • サラダ油:少量
  • 豆板醤:小さじ1
  • 鶏がらスープの素:ひとつまみ

作り方(調理時間:15分)

STEP1:材料を切る

ピーマンは種を取って適当な大きさにざく切りにします。キャベツは2cm幅くらいのざく切りにします。長ねぎは厚さ1cmくらいの斜め切りにします。

STEP2:合わせ調味料を作る

合わせ調味料の材料をボウルにすべて入れます。

練るようにして材料をよく混ぜ合わせます。

STEP3:ピーマンとキャベツを油通しする

フライパンで大さじ2杯のサラダ油を温め、強火でさっと火を通します。

フライパンにキャベツを入れ、強火でさっと火を通します。

金ざるにあけて、油をよく切ります。

完全に火を通す必要はありません。両方合わせて火を通す時間は10~15秒程度です。

STEP4:豚肉を炒める

油通しをしたフライパンに豚バラ肉を広げて入れます。強めの中火で中までしっかり火が通って両面に焼き色がつくまで、3~4分ほど炒めます。

豚肉から出てきた余分な脂を、キッチンペーパーでふき取ります。

STEP5:合わせ調味料を入れて炒める

油通ししたピーマンとキャベツをフライパンに戻し入れ、合わせ調味料を入れて炒めます。合わせ調味料が全体に絡まるように中火で30秒ほど炒めます。

STEP6:長ねぎを入れて炒める

長ねぎをフライパンに入れ、中火で1分ほど炒め合わせます。

STEP7:完成!

長ねぎに火が通ったらできあがりです。お皿に盛りつけていただきましょう。

作り方のコツ

赤みそと砂糖を混ぜる際に、少々のサラダ油を加えることで甜麺醤が持つコクが出てきます。

おわりに

赤みそと砂糖を混ぜて少量のサラダ油で練ることで、なんちゃって甜麺醤のできあがりです。回鍋肉だけではなく、炒め物の味をちょっと変えたりするときに使えますので、ぜひ試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。