\ フォローしてね /

赤ちゃんの健康を祈る日本の伝統行事、「初正月」って知ってる?

日本にはさまざまな風習がたくさん。特に、子どもの健康を祈って行う風習はいっぱいあります。七五三、桃の節句、端午の節句、などなど。地方限定の風習も合わせたらもっといっぱいありますね。

最近お母さんになった新米ママさん達は、「初正月」というものを知っていますか?赤ちゃんが生まれた次の新年のことなのですが、初めて聞いたという人も多いかもしれません。結構古くからの風習なんですよ。

今回は「何やればいいの?」というついうっかりなママさん達向けに、初正月の基礎知識を紹介します。

初正月って何?

初正月とは、赤ちゃんにとって初めて経験するお正月のこと。赤ちゃんが健康に1年を過ごせるようにと家族で祈ります。

基本的には「赤ちゃんの健康を願う」ものなのでこれをやらないとダメ!という堅苦しい決まりはありません。強いてあげるとすれば、赤ちゃんのお母さんの実家から、赤ちゃん宛に贈り物が届けられます。男の子には破魔矢(破魔弓)、女の子には羽子板です。

しかし、現代では両家の親が折半するなど資金の出処はさまざまです。

破魔矢と羽子板について

破魔矢のいわれ

「はま」は弓矢で射る的や競技そのものを表す言葉でした。しかし後に「破魔」の字が充てられるようになり、「破魔矢」は魔除けの力を持つ弓と考えられるようになります。

このことが一般市民の間にも広まり、初正月に男の子に破魔矢を送るようになったのは鎌倉時代あたりからだといわれています。伝統的な風習になっているんですね。

羽子板のいわれ

江戸時代ごろになると、庶民の間にも羽子板遊びが広まっていきます。羽子板の羽についている黒い玉は「むくろじ」という名前で、「子が患わない(無患子=むくろじ)」という意味があります。

昔はそういったもので羽つきをすることで厄払いをし、現代では赤ちゃんの無病息災を願っているんですね。

飾る時期、片付ける時期

古くから12月13日は「正月事始め」とされてきたので、昔の人はその日から飾り始めていたようです。しかし、現代ではクリスマスで家に飾り付けをする場合があるので、クリスマスが終わってから飾りはじめる家庭も多いです。避けたい日は12月31日(一夜飾り)と12月29日(苦立て)になります。

片付けるのは、どんど焼きがある1月15日までにすませるのがよいとされています。一方で、縁起物なので1年中飾っておいてもいいという考え方もあります。

地方によって風習、考え方は異なります。

初正月で気をつけること

風習的なもので「○○ないわれがあるからやっちゃいけない!」ということは無いようです。しかしお正月だからこそ、やってはいけないのにやってしまいがちなことがあるようです。初正月には以下のようなことは避けましょう。

人混みの中に赤ちゃんを連れ出す

新年は初売りや初詣など、人混みに繰り出す機会が多め。しかし、赤ちゃんと一緒にそういった場所に行くのは控えたほうがよさそう。風邪やインフルエンザなどのウイルスをもらってくることがあるためです。

特に初詣は「行って赤ちゃんの健康をお願いしたい」と思っているお父さん、お母さんも多いかもしれません。けれどもそのせいで赤ちゃんが病気になったらシャレになりませんね。どうしても行きたい場合は、ピークが過ぎた頃を見計らって行きましょう。

「縁起がいい」という理由だけでお正月料理を食べさせる

「おせち料理には一つ一つに新年を祝う意味があって……」といいたいのはわかりますが、おせち料理は赤ちゃんには食べられないものばかり。塩分も強すぎます。市販のものは特に避けましょう。

最近は「赤ちゃん用のおせちレシピ」もネット上で多数公開されています。どうしても食べさせたい場合は大人用とは別に作って食べさせてあげましょう。

また、年越しそばも「年越しだから」というだけで食べさせるのはダメ。離乳食期を過ぎたぐらいから少しずつ食べさせましょう。アレルギー体質の場合は3歳ぐらいまで待ったほうがいいそうです。

お正月のせいで生活リズムが……

お正月はつい気が緩みがち。寝正月ということで食っちゃ寝食っちゃ寝する人もいますが、赤ちゃんの生活リズムは崩さないようにしましょう。大人も一緒ですが、生活リズムが崩れるともとに戻すのは大変です。

初正月は健康を祈り健康に過ごそう

初正月は赤ちゃんのこれからの健康を祈るもの。そんな期間に赤ちゃんの体調が悪くなったりしないように、気をつけておきたいことが結構ありますね。お父さんお母さんは特に用心して気にかけてあげましょう。

(image by amanaimages)
(image by 写真AC)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。