\ フォローしてね /

2017年の初詣は「恵方参り」で運気アップ!知っていると差がつく開運豆知識

お正月に初詣に行かれる方は、近所の氏神様に行ったりあるいは明治神宮や浅草寺など有名どころの寺社に行かれる方も多いのではないでしょうか。

毎年違うところに行くという方も、毎年決まったところに行くという方もいらっしゃるかと思いますが、実は初詣に行く際に縁起の良い方角「恵方」があるというのは知っていましたか?

お正月の初詣は恵方へ

恵方参り

「恵方」というと恵方巻きがすっかり有名になりましたが、昔は、住んでいる場所から見て吉方にあたる「恵方」にある寺社に1月1日に参拝する「恵方参り」が主流でした。

しかし、交通手段の発達にともなって遠くの神社にも簡単に行けるようになってから廃れ、好きなところにお参りに行く「初詣」の方が主流になったのです。

恵方巻きとも関係あり

関西では1月1日に参拝する人よりも、節分に恵方参りへ行く人のほうが多くいました。関西では節分に行う豆まきとともに恵方巻きを食べる習慣もあったようです。

恵方巻きも時代とともに廃れていきましたが、販促のためにブームが作られ、現在のようにコンビニエンスストアで流通するようになって一気に広まったようです。

恵方ってそもそも何?

恵方とは、陰陽道の考え方でその年開運を司るとされている歳徳神(としとくじん)がいるとされている方角です。その年1年、天のパワーを頂ける方位とされていて、訪れるとチャンスを手にすることができるそうです。

歳徳神のいる方向に対して旅行や引っ越し、開業など移動を伴う行動を起こせば全て吉に転じ「万事が吉」になると言われています。

2017年(平成29年)の恵方は?

恵方は「十干」によって決まります。十干とは「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10個で、年によりそれぞれ1つずつ順番に割り当てられています。同じように年ごとに決まっている十二支と合わせて表されるのが一般的です。

十干が甲・己の年は「東北東」、乙・庚の年は「西南西」、丙・辛・戊・癸の年は「南南東」、丁・壬の年は「北北西」となっています。

2017年の干支は「丁酉(ひのととり)」。丁なので、恵方は「北北西」になります。

恵方参りのやり方

恵方の寺社へ

自宅を拠点に考えて、恵方(2017年の場合は北北西)の方角を地図で見ます。今はスマホのコンパスもあるので、使うと便利ですね。自宅から750メートル以上離れた場所にある寺社を訪れましょう(恵方の効果は750メートル以上離れないと現れません)。

特別な姿勢がある

手水の使い方などの参拝方法は通常のお参りと同じですが、恵方参りは神様のエネルギーを頂きに行くものなのでお願いする際の姿勢が少し異なります。

右手で天を指し、左手で地面を指し、お釈迦様の「天上天下唯我独尊」と同じポーズを取ると良いとされています。

天の気、地の気とつながることで、願いが叶いやすい恩恵を受けやすくなるそうです。混んでいて恥ずかしい場合には、体の前で右手の人差し指で天を指し、左手の人差し指で地を指すだけでも効果があるとされています。

他力本願はダメ

また、お願いごとをする際に「恋人ができますように」「受験に通りますように」のような他力本願な形でお願いするのではなく「私にチャンスを授けてください」などの積極的な姿勢でお願いすると良いとされています。

また、お参りを終えたら寄り道をせずにまっすぐに帰るようにしましょう。

恵方参りはお寺でも神社でも良いのですが、お墓を守っているお寺と、お稲荷さんはNGとされています。

恵方置き

恵方参りに行った際にいただいてきた御札や破魔矢は、恵方と逆の方向(2017年の場合は南南東)に置くと良いとされています。

行きたい寺社が凶方位にある場合は「方違え」を

友達と待ち合わせてみんなで初詣に行く場合やデートで初詣に行く場合は、ある人には恵方でも別の誰かにとっては恵方じゃない場合がほとんどです。そんなときは、「方違え(かたたがえ)」という方法を利用します。

自宅から見て北北西(2017年の場合)になる場所にまず向かい、そこに2〜3時間滞在します。それから目的の寺社に迎えば凶方位の影響を受けないとされています。

この方法は旅行などで目的地が凶方位に当たる場合も使えます。直行便で行かずに、わざと乗り継ぎで経由地を挟んだりして応用が効きますよ。

恵方参りを効果的にするために

お正月に恵方参りに行くだけではなく、「立春(2月4日)」「春分」「夏至」「秋分」「冬至」などの節目節目に恵方参りに訪れるとより開運につながるとされています。

新年の区切りとなる初詣ですが、2017年の初詣は恵方である「北北西」を意識して神社やお寺にこまめに行ってみると運気アップが期待できるかもしれませんね!

Twitterで紹介!

(image by photoAC1 2 3 4 )
(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。