\ フォローしてね /

風邪のときは、これでぽかぽか!胃腸に優しい「しょうがあんかけ豆腐」

自分や家族が風邪を引いてしまったとき、ちょっぴり悩むのが食事です。

できるだけ胃腸に優しくて、体が温まるようなメニュー……とはいっても、いつの間にかおかゆばかりになってしまって、栄養がもう少しあればいいのに、と思うことってありませんか?

そんなときには、しょうがあんかけ豆腐がおすすめです。たっぷりのしょうが、きのこに卵が入ったあんを豆腐にかけて食べれば、体が温まるうえに栄養もあるので、きっと風邪も良くなるはず。

しかも、これなら家族みんなで同じメニューを食べられますよ!

材料(2人分)

  • 豆腐:1丁
  • えのき:2分の1袋
  • しめじ:2分の1袋
  • 油あげ:4分の1枚
  • しょうが:2かけ
  • 三つ葉の葉:適量

調味料

  • しょうゆ:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • だしの素:小さじ2分の1

水溶き片栗粉

  • 片栗粉:大さじ1
  • 水:大さじ1

作り方(調理時間:20分)

STEP1:具材を切る

しょうがは多めに使い、2かけ分を千切りにします。

油揚げは細切りにします。

えのきとしめじは石づきを切り落としてほぐしておきます。

STEP2:具材を煮る

鍋に水300ccと調味料の材料を入れて沸騰させます。

STEP1で用意した具材を全て入れて、約10分弱火でコトコト煮ます。

STEP3:溶き卵と水溶き片栗粉を用意する

卵は容器に入れて溶きほぐしておきます。

水溶き片栗粉の材料を混ぜ合わせておきます。

STEP4:卵を入れる

10分煮込んだら、中火にして溶き卵を流し入れます。少しずつ流し入れるか、網をくぐらせると細かいふんわりした卵になります。

STEP5:とろみをつける

水溶き片栗粉は加える前によく混ぜてから、全体に渦を描くように流し入れます。

全体にとろみがついたら火を止めます。

上に三つ葉をのせて蓋をしておきます。

STEP6:豆腐を温める

豆腐は4つに切って深めの皿に入れます。

ラップを軽くかぶせて、600Wで約3分加熱して豆腐を温めます。

加熱して出てきた水分が多い場合は、味が薄まるのを防ぐために捨てます。

豆腐が熱くなっているので注意してください。

STEP7:豆腐にあんをかけて完成

あんを豆腐にかけたら出来上がりです!

作り方のコツ・注意点

食べるまで時間が空く、一人分だけ別にとっておくなどの場合は、STEP3まで作っておけばすぐに食べられますよ。

ぜひ作ってみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。