\ フォローしてね /

ありの最上級は「ありよりのあり」?若者言葉「〜よりの〜」の使い方

「ありよりのあり」「なしよりのなし」という若者言葉を聞いたことはありますか?

この「◯◯よりの◯◯」という言葉、意味がわかるようなわからないような微妙なニュアンスの言葉ですが、実は「ありよりのあり」と「ありよりのなし」と「なしよりのあり」と「なしよりのなし」の4種類があることはご存知ですか?

若者のこの絶妙な言葉の使い分けを理解できないと、彼らが意図していることと別の意味で捉えてしまうことに……。そこでこの記事では、娘さんや息子さん、10・20代社員達の意図を正確にくめるよう、若者用語「◯◯よりの◯◯」の意味と使い方をご紹介します。

「◯◯よりの◯◯」とは

そもそも「あり」は、「それいいね!」という場面で使う同意表現。「なし」は、その反対。

意味・使い方

ありよりのあり 「超あり!」という意味。「あり」の最上級を表す
なしよりのあり 「なし」と思いきや「あり」という場面で使う。「(「なし」と少し思うけど)あり」の意味
ありよりのなし 「あり」と思いきや「なし」という場面で使う。「(「あり」と少し思うけど)なし」の意味
なしよりのなし 「断固なし!」という意味。「なし」の最上級を表す
上中下を「上の上」「上の中」「上の下」「中の上」……「下の中」「下の下」に分けて使う場合と似ています。

「あり」・「なし」以外の言葉で使ってもOK

上記が基本です。「◯◯に近い◯◯」と訳すとわかりよいかもしれません。ただ、同じ言葉が続けば最上級なので、そこは注意。

この考え方を応用し、「あり」/「なし」以外の言葉にも適用することがあります。たとえば、「無理よりの無理(絶対無理)」など。

この言葉、何よりの何でした?

いかがでしたか。年輩者が若者言葉を身に付ければ、それだけで人気者になれることをご存知ですか?あまりに自然に使っていたら引かれてしまいますが、「がんばって使っている」感が出ていると、若者は自然に笑顔になってくれる傾向があります。

明日から使うの、「ありよりのあり」ですね!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。