\ フォローしてね /

おこげもおいしい!カニ缶で作る「石焼風チャーハン」の作り方

ちょっと贅沢をしたいときに登場するカニ缶を使ったチャーハンです。カニ好きにとっては缶詰とはいえ、カニはカニ。旨みのあるカニ缶を使ったチャーハンはやっぱり絶品です。

取っ手の取れるフライパンを使って、石焼風にしてみました。ひと工夫でおこげまで再現できますよ。

フライパンから直接取って、はふはふ食べてみてください!

材料(2人分)

  • ごはん(2日目でもOK)・・・1合分
  • カニ缶・・・1缶(125g)
  • レタス・・・1/2玉
  • ごま油・・・大さじ1
  • ピエトロドレッシング・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・小さじ1

作り方(調理時間:15分)

STEP1:材料の下準備

レタスを大きめの千切りにします。

カニ缶の汁はご飯にかけておきます。

カニ缶の汁も旨みが出ているので、捨てるずに活用!カニ自体はまだ入れません。

STEP2:レタスを炒める

ごま油をフライパンにひき、レタスを入れて炒めます。大体2分程度、強火で炒めてください。

STEP3:ご飯を入れて炒める

ご飯を入れて、ピエトロドレッシング、しょうゆを入れて、竹じゃくしなどでほぐしながら強火で炒めます。4分程度加熱します。

STEP4:カニ缶を入れる

カニ缶を入れてほぐします。全体に混ぜます。

STEP5:フライパンの鍋肌につける

フライパンのふちにもご飯をつけるようにして出来上がりです。

鍋肌についたご飯がおこげになるように、中心だけでなく、ふちにもつけるのがポイントです。

STEP6:完成!

フライパンをそのまま出して、各自取っていただきます。レタス×カニの石焼風贅沢チャーハンができました!

作り方のコツ・注意点

鍋肌につけておいたご飯がおこげのようになっていたら、大成功!フライパンをそのまま出していただきます。

カニ缶のカニの旨みがそのまま活きたチャーハンは、素材のおいしさがあるので味つけはピエトロドレッシングとしょうゆのみ。ピエトロドレッシングは意外に思うかもしれませんが、相性もいいですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。