\ フォローしてね /

和風サンドイッチはいかが?「きんぴらと卵のサンドイッチ」の作り方

洋風な料理のイメージの「サンドイッチ」。今回は、和食の定番きんぴらとゆで卵を組み合わせて、和風サンドイッチのレシピを考えました。

1品で野菜3種が摂取できてボリュームもあるので、食べ応えのあるレシピです。

材料(2人分)

  • 卵:2個
  • ごぼう:1本の半分
  • にんじん:1本(細め)
  • ピーマン:2個
  • 食パン(6枚切り):4枚
  • バター:10g
  • マヨネーズ:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • 和風だし(顆粒):5g
  • 砂糖:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • ごま油:大さじ1
  • 水:800cc
パンは8枚切り食パンや、サンドイッチ用パンでも代用できますが、中身がボリュームがあるので、6枚切りの方がバランス良く仕上がります。

きんぴらと卵のサンドイッチの作り方(所要時間:25分)

STEP1:パンの耳をカットし、バターを塗る

食パンの耳を包丁でカットし、4枚すべてにバターをまんべんなく塗っておきます。

STEP2:ゆで卵をつくり、カットしておく

卵と水を鍋に入れます。中火で12〜13分ほど火にかけ、固ゆで卵にします。

ゆで卵ができたら、殻をむき、5等分に輪切りにします。

STEP3:野菜をカットする

にんじんは、皮をむき長さ3cm〜4cmの千切りにしておきます。

ピーマンも長さ3cm〜4cmの千切りにします。

ごぼうは皮をそぎ落とし、長さ3cm〜4cmの千切りにします。

STEP4 : きんぴらを作る

鍋に水(800cc)とにんじん、ピーマン、ごぼうを入れます。さらに、調味料を和風だし、酒、砂糖、しょうゆ、みりんの順に入れ、中火で15分煮込みます。

野菜に火が通り、味がしっかりしみこんだら、最後にごま油を入れ、ヘラでよくかきまぜます。1、2分炒めたら火と止めます。きんぴらの完成です。

STEP5 : パンに具をのせる

バターを塗ったパンにきんぴらをのせます。

さらにマヨネーズを網目模様になるように搾ります。

その上にスライスしておいたゆで卵をのせます。もう1枚のパンをその上に重ね、ペーパータオルとお皿を上において5分おきます。

STEP6 : 完成

半分にパンをカットして完成です。

作る際の注意点

きんぴらを作る際は、ごま油を入れてからよく炒め、水気が残らないようにするのがコツです。

きんぴらの水分が多くのこっているとパンにしみてしまい、おいしさが半減してしまいます。

おわりに

きんぴらとマヨネーズ、卵はとても相性がよく、普段きんぴらが苦手な人や野菜嫌いな子供でもサンドイッチにすると、おいしく食べることができるかもしれません。

ぜひ作ってみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。