\ フォローしてね /

大掃除にも大活躍!余ったビールをムダなく使う方法

忘年会や新年会などイベントが続く年末年始。自宅のパーティに、ビールを差し入れで持ってきてくれたけれど余ってしまった。数年前にお歳暮でもらった賞味期限切れのビールが、飲まないまま残っている…なんて言う方もいるのではないでしょうか。

捨てる前にちょっと待って!余ってしまったそのビール、意外な活用法があるんです。

意外に使いみちのあるビール

飲みかけのビールに、開けていないけれど賞味期限が切れてしまったビール。捨てるのはもったいないですよね。掃除や、料理などに使える方法をご紹介します。掃除に使う場合は、開封後の余ったビールでも大丈夫ですよ!

ガスコンロがピカピカに

やり方は至って簡単です。布(または、キッチンペーパー)に100cc程のビールを染み込ませて、コンロ周りを拭くだけ。汚れがひどい場合は10分ほど湿布してから拭き取りましょう。ビールに含まれるアルコール、ビタミンEなどの成分が油を分解してくれるのだそう。

べたつきが気になるという方は、重曹水で雑巾を絞り、軽く拭きあげましょう。

フローリングもツヤツヤに

要領は、コンロのお掃除と一緒です。柔らかい布にビールを染み込ませて床をふくだけで、ツヤツヤな床に仕上がります。匂いが気になる方は、仕上げに水拭きをしましょう。

お肉を柔らか〜く

コーラや紅茶を使って、お肉を柔らかくする方法がありますが、ビールも同じように活用できます。ビールに含まれる炭酸や有機酸の働きが、お肉のタンパク質を分解してくれるので柔らかくなるとか。

調理前に薄切り肉で1時間程度、ブロックの場合は一晩付けておくだけなのでとっても簡単です。風味に影響がでる場合もあるので、開封後時間が経ったビールは使わないようにしましょう。

ぬか漬け作りに

ぬか床に水の代わりにビールを加えると、風味が良くなります。ビールを加えることでぬかみそが活性化するためだとか。

植物の栄養に

ビールには良質のタンパク質が含まれるため、なんと植木の肥料としても使えるんですね。虫が寄り付くのを避けるために、土を掘ったところに流し込んで、上から土をかぶせるようにしましょう。

余ったビールは捨てずに使おう

今まで捨ててしまっていたという方。これからは、余ったビールは最後の一滴まで無駄なく活用してくださいね!

(image by 写真AC)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。