\ フォローしてね /

ワンチャン以外もあった!若者言葉「フルチャン」「ノーチャン」の意味

学生や若者がよく口にするワンチャン(ワンチャンスの略=意味:可能性がある)、実はワンチャン以外にも語尾にチャンが付く似たような言葉があることをご存知でしょうか?

この記事では、若者言葉ワンチャン・フルチャン・ノーチャンの意味と使い方をご説明します。

ワンチャン・フルチャン・ノーチャンとは

意味・由来

  • ワンチャン:ワンチャンスの略。「(もしかしたら)可能性がある」の意味
  • フルチャン:フルチャンスの略。「可能性大。ほぼ成功する」の意味
  • ノーチャン:ノーチャンスの略。「可能性0%」の意味

使い方

「今日カラオケ行かない?」のような提案型の質問をされたときに返答として使います。

かなり行きたければ「フルチャン!」、行きたい度合いがそこそこであれば「ワンチャンあり!(語尾に「あり」を付けることが多い)」、全く行く気がなければ「いやー、ノーチャンだね」といった使い方をします。

この話し方、何チャン?

若者言葉ワンチャン・フルチャン・ノーチャンの意味と使い方はマスターできましたか?人によっては使う気にならないかもしれませんが、ノーチャンではないですよね!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。