1. 料理
    2. 食パン型がなくてもOK!初心者にもおすすめ「でっかい丸パン」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    食パン型がなくてもOK!初心者にもおすすめ「でっかい丸パン」の作り方

    筆者がパン作りをしていて、食パン型がなかったときにやっていたのは「パン型がないならそのまま焼く」方法でした。

    でっかい丸パンは、スライスすれば普通の食パンのようにして食べられるパンです。手ごねで作りました。

    材料(1斤分)

    • 強力粉・・・200g
    • きび砂糖・・・30g
    • 塩・・・1g
    • インスタントドライイースト・・・3g
    • 卵・・・1個
    • 牛乳・・・100ml
    • オリーブオイル・・・20g
    200gの粉量は少なめです。卵は重量に個体差があるので、牛乳を調整してください。

    作り方(調理時間:180分)

    STEP1:粉を混ぜる

    強力粉、インスタントドライイースト、きび砂糖、塩をボウルに入れて混ぜます。

    STEP2:材料を混ぜる

    卵と牛乳を混ぜておきます。

    粉の入ったボウルに卵と牛乳を混ぜたもの、オリーブオイルを入れます。

    全体を混ぜて、ひとかたまりになったらそのまま5分間置いておきます。

    写真くらい粉っぽさがあるままでOKです。あとで本格的にこねるので、ひとかたまりにするだけで大丈夫です。

    STEP3:生地をこねる

    5分置いたら、ポリエチレン手袋をして生地をこねます。打ち粉をしながら、親指の付け根を使って粉っぽさがなくなるまでこねます。

    ポリエチレン手袋は100均などに売っていて、手が汚れないのでおすすめです。使い捨てできます。

    STEP4:冷蔵庫保管する

    粉っぽさがなくなり、耳たぶくらいやわらかい質感になったらラップをして冷蔵庫に入れます。冷蔵庫に入れることで扱いやすくなり、発酵を遅くすることができます。

    1~2時間程度そのまま置いておきます。

    STEP5:二次発酵させる

    取り出して、形を整えます。水の入った容器とともにオーブンに入れ、40度で20分。1.5倍になるまでそのまま置いておきます。二次発酵させます。

    水の入った容器を入れることで、蒸気の力でしっとりした質感のまま発酵することができます。きりふきで水をかける場合もあります。

    STEP6:焼成する

    160度で予熱をします。予熱中に切れ込み(クープ)を入れて、強力粉をかけておきます。

    強力粉は焦げ防止になります。

    160度で15分、170度で10分加熱します。

    STEP7:完成!

    ほどよい焼き色がついたら完成!中心まで火が通っているか確かめたいときは、竹ぐしで刺して確認してみてください。でっかい丸パンができました。

    作り方のコツ・注意点

    そのままかぶりつくのは大変なので、スライスしてバターやジャムなどお好みのものを塗って食べてみてください。焼きたてでも、時間が経過したものでも、おいしく食べられます。

    これなら、食パンの型がなくても作ることができるので便利ですよ。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人