\ フォローしてね /

【電力自由化】これさえ読めば家族に説明できる!初心者向けガイド

2016年4月から、一般家庭向けの電力自由化が実施されます。海外では欧米を中心に、「どこの事業者から電気を買うか」を、消費者が選択できるシステムが採用されているそう。しかし日本は戦後から今まで、必ず地域の電力会社1社から電気を買うシステムでした。

いまさら急に選べと言われても、「そもそも自由化って?何社から選べるの?契約に費用はかかるの?」と、分からないことだらけで、ちょっと戸惑ってしまいますよね…。

むずかしい詳細をていねいに説明してくれるサイトは沢山ありますが、ここでは一般の初心者向け、最低限知っておけばいい電力自由化のあらましと、事業者選びのポイント&検索サイトまとめ、そして乗り換え手続きの流れをまとめました。

電力自由化をザックリ解説

いまなにが起こっているの?

日本は戦後、電力を安定して供給するために、北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州の各地域にひとつずつの電力会社を置いて、その会社だけが電気を各家庭に販売できるようにしました。その後、沖縄電力が設立され、皆さんご存知の電力10社が、地域を独占して販売していたのです。

これらの体制は、戦後の復興の時期に、地域間の格差をなくしたり、電力供給の安定性を保つために必要なものでしたが、近年のコンピューターの技術革新により、さまざまな電気事業者が送電網に接続しても、安定した電気の供給ができる体制がととのいました。

電力のなにが自由化されるの?

「電力の自由化」と略して言われますが、今回自由化されるのは一般家庭などへの「送電」部分です。発電所がつくった電気を家庭まで送電する事業者を、自由に選べるようになります。今までどおりの発電設備を使うので、電気の品質については今までと変わりません。

多くの会社が競争することにより、価格競争がおこって電気代がおトクになったり、これまでにない便利なサービスが選べるようになると、期待されています。

自由化によって期待できること

  • 「新しい便利なサービスやプランが選べるようになる」

今までも、特定の時間帯だけ電気代が安いプランや、インターネットを使った電気の使用状況確認サービスがありましたが、今後もっと魅力的なプランやサービスがあらわれたら、そちらに乗りかえたくなるかもしれません。携帯電話のプラン契約のように、電力も選べる時代が来たということですね。

【電力10社が現在提供している電気使用量確認サービス】

北海道電力 WEB料金お知らせサービス
東北電力 電気ご使用実績照会サービス
東京電力 でんき家計簿(東京電力)
中部電力 カテエネ
関西電力 はぴeみる電
北陸電力 ほくリンク
中国電力 電気料金使用量照会サービス
四国電力 よんでんコンシェルジュ
九州電力 省エネ快適ライフ
沖縄電力 電気ご使用実績照会サービス
  • 「支払った電気代にポイントや割引特典が付く」

生活の中で使用できる、Tポイント・Pontaポイント・楽天ポイントなどが貯められるほか、ガソリンの割引や、スマートフォン・インターネットとの組みあわせ割引など、今まで「ただ支払っていただけ」だった電気代に、特典がつけられるようになるそう。自分のライフスタイルに合ったプランを、自由に選べるのは嬉しいですね。

契約した会社が倒産しても、停電の心配はしなくていい。

「新電力」と呼ばれる電気事業者は、国の審査を受けて登録されるものではありますが、万が一の事態に備えたセーフティーネットとして、地域の電力会社が最終的な送電を行うことを、義務付けられているそう。

新しい会社と契約しても、送電線は今までの電力会社のものなので、これらのバックアップ供給が可能なようです。

賃貸だと関係ない話?

賃貸にお住まいでも自由に契約できるようです。スマートメーターという新しいデジタル検針器へ交換する必要がありますが、検針機は送電する会社の設備なので、賃貸の大家さんとは関係ありません

スマートメーターへの交換費用は無料ですし、屋外の設備なので立ちあいも不要のようです。

自由化で考えられるデメリット

  • サービスを終了する既存プランがある

自由化しても乗りかえないつもりなら、自由化前に利用中の電力会社のプランを見直しておいたほうが良さそう。例えば東京電力なら、2016年3月31日で新規契約受付を終了するプランがあります。現在すでにこれらを利用している方は、4月1日以降も継続して利用できるそうですが、新しく申し込むことはできなくなってしまいます

2016年3月31日をもって新規ご加入の申込受付を終了する電気料金プラン
・時間帯別電灯[夜間8時間型](おトクなナイト8)・時間帯別電灯[夜間10時間型](おトクなナイト10)・季節別時間帯別電灯(電化上手)・ピーク抑制型季節別時間帯別電灯(ピークシフトプラン)・時間帯別電灯(夜得プラン)・時間帯別電灯(朝得プラン)・時間帯別電灯(半日お得プラン)・曜日別電灯(土日お得プラン)・低圧高負荷契約(おまとめプラン)、農業用低圧季節別時間帯別電力・深夜電力・融雪用電力
*深夜電力および融雪用電力は、高圧以上で電気の供給を受ける場合も含まれます。
引用:電気料金プランの見直しについて|東京電力(プレスリリース 2015年10月5日)

受付終了してしまうプランが最も安かった・自分に合っていた、とあとで気付いても、自由化後は申し込めません。この機会に、自分が利用している電力会社のプランを見直してみては?

  • 解約すると違約金がかかる?

プランにもよりますが、携帯電話の契約と同じように、短期間で解約した場合に違約金や手数料が発生するケースもあるようです。おトクな分、長く使ってね。ということなんですね。このあたりは契約の際によく確認したほうが良いでしょう。

自分に合ったプランを探してみよう

新電力選びのポイント

電気は貯めておけないので、発電所からあまりにも遠いと、自宅までの配電設備がつながらず、電気を供給できません。

まずは住んでいるエリアでしぼりこむ

毎月の電気代でポイントが貯まるなら、自分が使いやすいポイントに変えられるものを選びたいですよね。また、すでに契約しているインターネットやスマホ、ガス会社などの料金とまとめて、セット割引してくれるプランも登場するようです。

ポイントが貯まるものやインターネットとのセット割引など、生活コストが下がるものを選ぶ。

電力会社って、1度決めたらなかなか乗り換えを考えないものだと思います。携帯電話なら電波状況が悪かったり、使いたい機種を扱っていないなど、乗りかえを考えるタイミングがあります。でも、毎日不便なく電気が使えて、よほど高額な請求でもなかったら、電気はそのまま使い続けそうですよね。

そこで、各社スタートダッシュでお客さんを獲得するために、キャッシュバックキャンペーンを打ち出す予定なんだとか。4月が近づけば続々と情報が公開されるそうなので、そういう特典もあるということを知っておくと、選ぶときの材料になると思います。

キャッシュバックのメリットがあるものを選ぶ。

検索&一覧サイトまとめ

  • 条件でしぼりこみ検索出来るサイト

たとえば不動産物件を探すとき、何社か不動産屋さんを回ったり、いくつかの検索サイトを利用すると思います。たくさんある情報の中からある程度までしぼれるので、とても参考になりますね。

  • 一覧で情報をまとめているサイト

一覧サイトでもエリア絞り込みは出来るところがあります。はじめはエリアだけしぼって、その中から幅広い情報を集めるのも良いと思います。検索サイトでは上がってこない、自分にピッタリの意外なプランが見つかるかもしれません。

乗りかえ手続きの流れ

自分で手続きする部分

  • ホームページや電話で申し込む。

消費者がやることは新電力への申し込みだけのようです。

契約したら自動的にすすめてもらえる部分

  • 今までの電力会社は自動解約される

新電力と契約したからといって、今までの電力事業者に自分で連絡して、解約を伝える必要はありません。

  • スマートメーターが設置される

旧型の検針器では自由化に対応できないため、全国の物件を対象に、スマートメーターというデジタル検針器へ交換する作業を、数年がかりですすめていく計画なんだとか。4月以降すぐに自由化したい場合は、この作業を優先して行ってくれるそう。

交換は契約した送配電事業者が手配してくれます。費用は無料で、屋外の設備なので立ちあいも不要のようです。

  • 電気供給開始してくれる

スマートメーターがコンピューター制御で切り替えを管理するため、電気供給の切り替わりのタイミングで、停電などは発生しないようです。ちなみに新プランでの供給開始日については、スマートメーターへの切り替え工事などに日程が左右されるため、契約時によく確認しましょう。

電力自由化でエネルギーを意識するキッカケになる

一般家庭向けサービス開始が近づけば、プランやキャンペーン情報もどんどん公開されると思います。乗り換えるかこのままかはそのときに決めるとして、今のうちに利用中のプランを見直したり、節電について考えるのはとても良いと思います。

いちはやく自由化について理解したら、家族や友人にも教えてあげましょう。

(image by amanaimages 1 2 3 4)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。