1. 趣味
    2. 幅広く役立つ「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格を取る方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    幅広く役立つ「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格を取る方法

    今や自分のお金は自分で管理すべき時代。「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格の注目が高まっています。

    FPは「お金の不安」を解消するスペシャリストです。

    FPは、広い視野を持って資産運用の提案ができるスペシャリストとして、平成15年にFP技能士として国家資格化されました。

    なぜ今人気? 時代が求めるFP資格の魅力

    国や金融機関に頼る時代が終わった今、自分の資産は自分で守り、運用する必要性を多くの人が感じています。

    FP技能士として国家資格化され、金融機関・不動産業界等で、就・転職や社内キャリアアップに効果絶大で独立も可能です。

    FPの知識は日常にも役立つ知識の宝庫

    生活に密着したFPの知識は、あなた自身の人生設計でも大活躍です!

    • FPで保険について勉強すれば必要な保障額を自分で計算できます。

    • 株や投資信託など、FPで資産運用について勉強すれば、無理のない中で投資を始められます。

    • 今まで読み飛ばしていた新聞の経済面。FPをとると日経平均などの株価の動きにも興味が出てきます。

    AFPと2級FP技能士~1つの試験で2つの資格が手に入る

    本試験に合格すれば、2級FP技能士の資格を取得することができ、さらに日本FP協会に登録すればAFPも取得可能です。

    きちんと学べば取りやすい資格です。

    学科試験は解答しやすいマークシート方式(4肢択一式)で学科試験と実技試験のそれぞれ60%以上の正解率で合格できます。

    今なら充分余裕のある理想的なスケジュールで始められる

    標準学習期間は6ヵ月です。

    今から学習を始めると、テキストの復習や過去問題集に取り組む時間もしっかり取れるので来年9月の本試験まで充分間に合いますね。

    充実のバックアップ態勢

    受講生のためのネット指導サービス「学びオンライン」による講座受講生の交流の場があります。

    受講生同士で情報交換したり、励まし合えば学習に対する意欲が高まります。

    おわりに

    将来的に必要な知識を蓄えることができるのも魅力の資格ですよね。

    詳しい内容を知りたい方はファイナンシャルプランナー(FP)講座についてをご覧下さい。

    このライフレシピを書いた人